高龗神社

[たかお神社]

鹿沼市・茂呂1984 2006焼失

使用文字[龗]

主祭神:高龗神

旧地名:鹿沼市上茂呂1984
主祭神:高龗神,大山祇命,天照皇大神,素戔嗚命,伊弉諾神,伊弉冊(冉)神
配神:大綿津見神,奥津彦神,奥津姫神,菅原道真公

なかなか見つからず,茂呂山の畑でおじiさんにたずねると,「あることはあるんだが・・・すぐそこだ・・・去年焼けてしまって,神楽殿しか残ってないぞ」えっ!!!
2006年10月18日全焼してしまった!!!なんということだ。午後1時40分頃というから,たばこか,付け火か? もったいないことだ。鹿沼名木保存指定の杉も10本ほど焼けてしまった。
鹿沼花木センター手前を左折。入り口の鳥居建立の石碑にはくっきりと高龗神社。正式文字が刻んである。石製神明鳥居。ここから山を登る感じで石段を上ると無残な焼け跡が広がる。
本堂脇の杉の大木は表面が炭化しているが生き延びているように見える。
白雲山の文字が見える享和2年1802,文化5年1808などの石灯籠。数組の狛犬が残る。
焼け跡で見つけた炭化した木札には「龗」口3つ付きの見事な文字が残っていた。
分かっていることを記述しておく:
大正六年3月31日に前田の高龗神社,境内社菅原神社を合祀している。
前年の大正五年2月23日に愛宕山の御嶽神社,上野原の二荒山神社,前田の八坂神社,境内社大杉神社,中堀の光峯神社を合祀。
境内社:磯部神社(国常立神),雷電神社(大雷神)
本殿は流造檜皮葺,幣殿・拝殿は亜鉛葺であった。亜鉛葺の御輿舎があった
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
都賀郡,高尾大明神,白桑田,上茂呂村民
**『下野神社沿革史』3巻35丁(明治35年1902刊)
上都賀郡北犬飼村大字茂呂鎭座 村社 高龗神社
祭神 高龗神 祭日十一月十五日 建物本社間口三尺奥行同小羽葺 拝殿間口二間奥行同 氏子百戸・総代四員 社掌宇賀神茂吉同村同大字住
本社創立年月不詳 社域五百七十坪を有し幽邃にして雅致あり
くっきりと口三つの正字 社柱も変形口三つ
ああ,なんということだ 正字の龗がくっきりと
ご神木は生き返るに違いない

 

2013年11月30日に花木センターの鹿沼そば天国イベントに出かけてみたところ「高龗」の法被を発見。法被の襟に「平戸流高龗連」,背中に「高龗」。会場東の茂呂山の高龗神社氏子さん。駐車場では天皇祭に演奏されるお囃子が出張して笛と和太鼓の見事な演奏を披露。中学生と思しき後継者も育っていて上手に太鼓を叩いていた。笛,太鼓ともぴったり息の合ったしっかりした音で,気持ちがいい。
法被に平戸流高龗連 口三つの龗字 そば祭り駐車場で
高龗連 後進の育成も 花木センター駐車場北端
上南摩

高龗神社

[たかお神社]

鹿沼市・上南摩815

使用文字[雨+龍]

主祭神:不明

栃木県鹿沼市上南摩町815
鹿沼市西部,177号上久我都賀栃木線を進み丁字路の信号で鹿島神社を右折すると鹿沼運動公園。しかし,右折せずに直進してさらに奥へ。上南摩小学校を過ぎて1キロちょっとの右手に鎮座。南摩川の岸辺にある。南摩川は最後は5キロほど下って西沢町で思川に合流する。
県内最西端に位置する高龗神社のひとつである。経度としては今市の杉並木公園の高龗神社とほぼ同じ位置。
平成20年4月の移転新築記念碑に「高龗神社(俗称竜神様) 愛宕神社」と2社の名が刻んである。おかみ字は口なし雨+龍。 南摩ダム工事に伴う移転で,高龗神社はすぐ西の道路沿いにあった。石の残骸がまだ残っている。昔から竜神台と呼ばれていたところである。
愛宕神社の方はさらに西の左手山上にあった。
このあたりは米の他に,そば,麻,こんにゃくの産地で,旧高龗神社前のこんにゃく畑でお仕事中の方に教えていただいた。感謝。
通称は竜神様で,読み方は「たかお神社」である。移転新築記念碑の道路側に刻んである「竜神様由緒沿革」の鹿嶋神社は途中にあった南摩鎭守鹿島大明神のこと。
この近辺で高龗神に関係するのは出会いの森総合公園西の高鳥屋山の八龍神社。祭神が高龗神である。
「明治三十四年十月三十日建(之) 氏子中」旗杭2基。
鳥居の亀足と思しき台座2基。
「明治十四年巳十一月吉日 領主 津吹銀次」手水石。
「明治十五年三月十五日 御神燈」2基。
「子孫長久 安政庚申春X 落合X之X 御神燈」1基。(1860年),脇に石祠1基。
社殿右手に石祠1基と石像。こちらには何と寛永通宝がお供えしてある。
移転新築記念碑 道路側 由来書
亀腹と旗杭
亀腹
手水石 御神燈
いちばん右手 寛永通宝
いちばん古い御神燈 こちらが正面 塀の手前の石積みが旧鎮座地
旧鎮座地 写真奥の山に愛宕神社があった 南摩川 銀色の屋根の向こうに神社
高尾神社

高尾神社

[たかお神社]

鹿沼市・白桑田320

使用文字[なし]

鹿沼インターのほぼ真北2km。松原団地を抜け,東北自動車道を越え,白桑田公民館から約200m行って左手,武子川の北約300mに鎮座。
このあたりは武子川より高い位置にあるので水利はたいへんだったろう。畑作が多い。
鳥居の笠木が崩れてしまった。 社名を示すものがなく,近所の氏子の方にお調べ頂く。
白桑田のもうひとつの高尾神社と,深津の龍神社の場所も教えていただく。感謝。 南斜面にも社叢があったようだが,切り株だけが残っている。
『栃木県神社誌』には掲載されていない。
杉の中に鎮座 社殿が見えてくる 鳥居には注連縄
この大谷石は何だったのだろう 龍である 文字はない
右手 石祠2基 拝殿から鳥居方向
高尾神社

高尾神社

[たかお神社]

鹿沼市・白桑田559(関)

使用文字[尾]

鹿沼インターのほぼ真北2km。松原団地を抜け,東北自動車道を渡る橋の手前を左手に入ってすぐ。武子川の北約200mに鎮座。
本殿の屋根が大谷石でつくられている。
昭和45年の鳥居も大谷石。
旗杭推定「昭和四十六年」もすでに消えかかっている。
本殿内に「奉祀高尾明神」の文字。
平成に奉納された狛犬があり,石祠には青竹の結界も張ってあって,現在もきちんと祀られていることが分かる。
『栃木県神社誌』には掲載されていない。
--------
本殿:流造大谷石葺
参道と直角に社殿 東に面している 流造大谷石葺
高尾明神と読める 大谷石の屋根
昭和43年の石燈籠 平成11年の狛犬

 

 鹿沼市の神社目次へ 
 ページトップ