姫宮神社

[ひめみや神社]

栃木県鹿沼市草久717

旧地名:上都賀郡・西大芦村大字草久[くさぎゅう]
祭神:稲田姫命 境内社:多賀神社(少彦名命)・愛宕神社(火産霊命)・山神社(大山祇命)・稲荷神社(倉稲魂命)・八幡宮(譽田別命)
古峰原街道から鹿ノ入[かのいり]橋で大芦川を渡り村落に入る。鳥居下に一台だけ駐車できる。きれいに整頓された神社。
普段は見ることができないが本殿周囲に稲田媛[『日本書紀』では媛の字だが,当社は姫]に因む八岐大蛇退治などの精緻な彫刻が施されている。鹿沼の彫刻師石塚吉明による弘化四年1847作。
本殿裏手に平成12年に整備された境内社五基が並んでいる。それぞれ大理石の社号標が付けられている。
創建からそろそろ500年になる。
    例祭:11月23日
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
都賀郡 姫宮大権現 上草久 石原氏
*『下野神社沿革誌』巻三-22丁(明治三十五年1902)
上都賀郡西大芦村大字草久鎭座 村社 姫宮神社 祭神 稻田姫命
建物本社間口四尺五寸奥行七尺八寸 拜殿間口一間半奥行一間 末社五社 華表一基 氏子百四十七戸 社掌兼務石原敬之同村大字同住
本社は大永年中1521~28藤原大和日向國より姫神を迎ひて假に宮殿を建て祀りしか濫觴にして后數年を經て近隣の村民大に信仰せり 后天正三年1575十二月本社を改築し后寛永十五年1638再建 后弘化四年1847宮殿の規模を大にし改造し同年三月十八日を以て全く落成し正遷宮の盛式を行ひたり 現今の宮殿是なり 社域百二坪にして境内高潔を極め古樹蔚々蒼々と繁茂し深邃にして且雅致あり
石垣が美しい    
猿田彦大神 勿不浄之輩入神門 姫神にふさわしい額
明和元年1764石鳥居 石燈籠があった
  昭和十年1935額 平成3年1991由緒沿革額
昭和十年1935拝殿等改築記念額 ここまでで撮影限界 精緻な彫刻
昭和26年1951石燈籠 左手  
裏手の境内社
  慶応三年1867か?男體山
厳嶋神社
西大芦護国神社

西大芦護国神社

[にしおおあしごこく神社]

栃木県鹿沼市草久435-2

旧西大芦村出身の英霊121柱を祀る。古峰原街道沿いに社号標。駐車場がないので苦労するも,ご近所の方のご好意で参拝。感謝。
左手に鳥居付きで「稲荷神社」,寛政四年1792の石燈籠が奉納されているので,稲荷神社鎭座地に護国神社を創立したのだろう。昭和32年6月2日に鎭座祭を執行した。
護国神社右手の石宮は「蠶景山神社」,養蚕に関係するか。さらに右手に立派な「古鹿山不動尊」,石燈籠が奉納されている。東の端に「雷電神社」石宮。祭主神舟神社とある。
例祭:4月20日
旗杭 御影石鳥居 石段を上ると本殿
鳥居右手 鳥居左手奥に稲荷神社
稲荷神社額 いい雰囲気 本殿右手
本殿左手 寛政四年1792石燈籠 寛政四年と読める
きつね狛犬 狛犬
蠶景山神社 雷電神社
古鹿山不動尊冠木門 古鹿山不動尊
不動尊 不動尊の狛犬 古鹿山不動尊
不動尊から大芦川方面を 右手に馬頭尊など
古峯神社方面 大芦川方面 古峰原街道沿いの社号標
古峯

古峯神社

[ふるみね神社]

栃木県鹿沼市草久3027

旧地名:上都賀郡・西大芦村大字草久
主祭神:日本武尊 境内社多数
通称「古峰ヶ原神社」。境内地3,688坪。標高700メートルの高地に鎭座。弁慶の白米五升借用書が保存されている。『栃木県神社誌』巻頭別格扱いの大社なので,小生が特に付け加えることはない。詳細はこちらの公式HPを
例祭:5月27日
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
都賀郡 日光三社大権現 古峰原 前鬼隼人
*『下野神社沿革誌』巻三-23丁(明治三十五年1902)
上都賀郡西大芦村大字草久古峯ヶ原鎭座 無格社 古峯神社 祭神 日本武命
以下5頁にわたる長文。
右手に第三小札所 シンボルの天狗が 重厚な外拝殿
精緻な彫刻
石段を上ると拝殿
石段手前の第四小札所 6km手前の一の大鳥居 昭和九年架橋あざあなはしから
 
途中の金剛山瑞峯寺 到着
前日光つつじの湯方面へ行ける 一の鳥居 一之鳥居額
二の鳥居 三の鳥居
四の鳥居 峰字の額 五の鳥居
六の鳥居 社号標
  古峯園へ
古峯園へ渡る 大芦川 茶店脇川沿いに小祠が見える
稲荷神社   稲荷神社左手

 

 鹿沼市の神社目次へ 
 ページトップ