「両宮神社」上籠谷町1542-5「神明宮」上籠谷町2051「宇賀神社」桑島町625

両宮神社

[りょうぐう神社]

栃木県宇都宮市上籠谷町1542-5

主祭神:伊弉冊命・事解之男神・速玉男命・別雷大神
上記神明宮の真東。かつて上組に「別雷神社」,下組に「熊野神社」があり,互いに村社を主張し合意をみなかったために,村の中央に両社を合併,遷宮し,大正五年1916十一月二十日に両宮神社を創建した。
昭和二十五年1950に国から境内地を譲与されたことを記念して昭和二十八年1953に旗杭が奉納された。平成十二年2000御影石の由緒沿革には昭和二十年1945十二月宗教法人令により無償譲与されたと刻まれている。
昭和三年1928建立の社号標に「大正九年1920十一月十八日指定」とあるのは「神饌幣帛供進神社指定」を受けた日付。
境内左手に上籠谷集会所。
*『下野神社沿革誌』巻6-44丁(明治三十六年1903)
芳賀郡清原村大字上籠谷字堀内鎭座 村社 熊野神社 祭神 伊弉冊命 速玉男命 事解男命
建物本社三尺四方雨覆一基 末社三社 氏子六十九戸
本社勸請年月不詳 社域一千四十一坪 古樹蔚然として生へ茂り頗る幽静なり

錫三つ
拝殿内
旗杭 左手に集会所
由緒沿革 旧手水石など
石碑群
旗杭 神庫か
神明宮

神明宮

[しんめいぐう]

栃木県宇都宮市上籠谷町2051

祭神:天照皇大神
鬼怒川左岸の田園地帯。上記宇賀神社の南。
入口 ほどなく石段 社が見えてくる
狛犬が離れていた
台座に戻す
石鳥居があった 鎮座の杜
宇賀神社

宇賀神社

[うが神社]

栃木県宇都宮市桑島町625

祭神:宇迦之御魂(稲倉魂命)
鬼怒川左岸の田園地帯。東隣りに釣堀。西隣りに鬼怒川の土手が見える。
小ぶりながら鰹木・千木を備えた立派な社殿。昭和三年1928拝殿額。
昭和七年1932の狛犬は前脚にあごを乗せて尻を立てたユニークな造形。
入口に明治八年1875生馬大神と馬力神。
昭和五十九年1984石鳥居の南に「正徳元辛卯1711九月吉日」庚申供養塔。
例祭:11月19日
立派な本殿
神庫か
正徳元辛卯1711
鎮座の杜
上籠谷には龍神宮があった。
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
芳賀郡 竜神宮 上籠谷 円通寺

 

 宇都宮市の神社目次へ 
 ページトップ