「星宮神社」鐺山町128「八坂神社」鐺山町406「清原神社」鐺山町1850

星宮神社

[ほしのみや神社]

宇都宮市鐺山町128

境内社[八龍神社]

主祭神:瓊瓊杵命 境内社:八龍神社
後陽成天皇の御代1586-1611の創建と伝わる。鳥居脇の由緒立て看板には天正十七年1589創建とある。正徳元年1711ころは虚空蔵を名乗り,持福寺の支配下に置かれた。宝暦九年1759十一月に氏子持ちとなり,星宮大明神を名乗り,明治維新に際して星宮神社と改称した。(『鹿沼聞書』に別当持福寺と記録されているので『鹿沼聞書』は1759年以前に収録を開始していることが分かる。宝暦九年の根拠は『栃木県神社誌』昭和39年版による)
鐺山の交差点の500mほど東左手の山中に鎮座。
拝殿右手に木製の鳥居が立ち,石祠2基,石像2基,石塔1基が並んでいる。このひとつが八龍神社か,あるいは社殿内に相殿として祀られているか不明。右手前には石製金精様が大小4基立っている。
明治四十二年1909石鳥居。明治四十四年1911石燈籠。昭和五十四年1979旗杭。
鳥居左手に鐺山町公民館。
旧地名:鐺山町向畑 例祭:11月23日
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
芳賀郡 星宮大明神 鐺山 持福寺 *『下野神社沿革誌』巻6-44丁(明治三十六年1903)
芳賀郡清原村大字鐺山鎭座 村社 星宮神社 祭神 天津瓊々杵命
建物本社三尺四方 雨覆間口九尺奥行二間 末社一社 華表一基 氏子六十二戸
本社創立不詳 社境二百六十二坪を有し 字向畑の清瀟の地に鎭す

-----------------
境内社の八龍神社は宇都宮市鐺山町(西山)450にあった。祭神は綿津見命。『栃木県神社誌』昭和39年2月11日発行には記録されている。
享保六年1721に星宮神社の摂社として創祠され,竜田彦神と竜田姫神を奉斎していた。
「龍神社」と呼ばれ鬼怒川を上下する船人に信仰されたが,明治初年ごろより神仏分離令にもかかわらず仏教風の「八龍神社」と称するようになり,ワタツミを奉斎して水神として崇拝されてきた。
当時は間口一間奥行き一間の流造。氏子は200戸,境内地は229坪であった。
明治四十二年1909石鳥居 由緒
右手奥に木製鳥居
金精さま
明治四十四年1911
南に水田を見下ろす 鐺山町公民館 鎮座の山
八坂神社

八坂神社/大杉神社

[やさか神社/おおすぎ神社]

栃木県宇都宮市鐺山町406

祭神:素盞嗚命
石井の鬼怒橋を東に渡って鐺山の交差点からすぐ左手に鎮座。享保年間1716-35社殿を造営。八坂神社と大杉神社の額が並んで架けられている。詳細不詳。
八坂神社/大杉神社額
126号線沿い
清原神社

清原神社

[きよはら神社]

栃木県宇都宮市鐺山町1850

栃木県農業大学校の123号線をはさんで北,居は等工業団地の南西の住宅地に鎮座。
清原神社 清原神社
昭和63年記念碑 開拓二十周年記念碑
旗杭 清原自治公民館
鐺山の交差点北東の竹下町830には高龗神社が鎮座する。竹下町398には永仁六年1298清原朝臣芳賀左兵衛尉高俊が飛山に弥棄,芳賀,竹下氏の氏神として創建した大己貴命を祭神とする館神社があったが,昭和52年に高龗神社に合祀された。また,神明宮がつぎの記録に残っているがいまは見つからない。
『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
河内郡 神明宮 竹下 常念寺

 

 宇都宮市の神社目次へ 
 ページトップ