宇都宮市中心部の神社
宇都宮駅西部の繁華街・東武駅・県庁・市役所近辺の神社を訪ねてきました。
二荒山神社(ふたあらやま・馬場通り1-11)は規模が大きいので別のページで紹介します。「八幡山公園近辺」と「稲荷神社」も別項にしました。高龗神社は別の項にまとめて紹介しました。

八幡宮

[はちんまんぐう]

栃木県宇都宮市南大通り1-4-5

祭神:応神天皇
旧地名:宿郷町1
境内社に稲荷神社・猿田彦神社
JR宇都宮駅から駅前通りを渡り南東方向,田川の手前。
宿郷町の一部は昭和49年に「南大通り」に町名が変更された。
安倍貞任討伐に向かう源頼義義家親子が戦勝祈願した草結の宝殿を康平五年1062以降に改築して八幡宮にしたことから,別名「草結八幡宮」。昭和20年の米軍無差別空襲によりすべて消失し仮宮のままであるが,346坪の広い境内はそのまま残っている。 『下野神社沿革誌』では祭神は応神天皇の実名とされる譽田別命で記載。
*『下野神社沿革誌』五巻50丁明治三十五年1902
河内郡宇都宮市大字宿郷鎮座村社八幡宮 祭神譽田別命
拝殿 本殿
稲荷神社・猿田彦神社か 付近の不明社1 付近の不明社2
八坂神社

八坂神社

[やさか神社]

栃木県宇都宮市今泉4-16-28

祭神:須佐之男尊 配神:国之常立尊・天照皇大神・菅原道真公
境内社:八幡宮・多賀神社・祈雨止雨神社・淡嶋神社・厳島神社・三峯神社・雷電神社・年徳神社・稲荷神社・菅原神社・竃神社・松尾神社・八衢神社・風神社 境外社:神明祖霊社
康平年間1058~65に粟田関白宗円が宇都宮に城を築くにあたり丑寅の鬼門除けとして今泉郷に創建。神明宮と称した。江戸期に三度消失。明治三十九年博労町から1906今泉字七里川に遷座。
明治四十三年1910博労町の八坂神社と合併して神明宮から八坂神社に改称した。同年,字北河原の菅原神社,字旭河原の旭神社を合祀。博労町の名は今はないが篠原家住宅の近辺。
平成10年社殿の造営に着手し12年に遷座式。
手水石に「天保十四癸卯年1843六月吉日・下中組連中」
昭和三十四年1959参道敷石奉納記念碑 社殿右手のイチョウの下を奥に進むと石祠三基,左端の変わった形が甲子大神,右端が稲荷大明神で,真ん中に高龗神社などの合祀社が祀られている。ちなみにここの宮司さんは下戸祭の高龗神社社掌も兼務なさっている。「天明八年1788戊申十二月」石燈籠一対。
社殿左手の大谷石の蔵の脇に天満宮。その裏手に「五百四十年十月日」と読める旧鳥居柱が保存されている。五百四十が不明。現在の鳥居は明治四十五年1912四月建立。鳥居の寄進を受けたのは宝暦十年1760,明和二年1765,火災後の明和九年1772と短期間に三度。石製かどうかは分からない。
社務所右手の「神明水」は目に効くらしい。すくって飲んでみると冷たくて気持ちがいい。
例祭:2月最終日曜日・7月15日・11月23日
例祭日に神田明神伝来の出雲流神楽が奉納される。天王祭の一週間,歴史を題材にした飾り物を境内に掲げ,囃子を奏し神輿を繰り出す。
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
河内郡 神明宮 今泉 薛田大和
*『下野掌覧』万延元年1860都賀郡之部
神明宮 今泉村鎮座 祭主葭田氏ナリ
*『下野神社沿革誌』5巻50丁 明治三十五年1902
河内郡宇都宮市今泉字天王鎭座 村社八坂神社 祭神素盞嗚命 建物本社間口三尺奥行三尺 拝殿間口二間奥行二間半 末社三社 氏子百七十一戸
本社創立詳ならす 社域二百十三坪を有す

由緒沿革 神楽殿 神楽殿内
手水石 参道敷石奉納碑
イチョウの根本
社殿右手 天満宮
不明の柱 神明水
飲んでみた
宇都宮城守護神社 奥州街道沿い
菅原神社

菅原神社

[すがわら神社]

栃木県宇都宮市天神2-2-7

祭神:菅原道真公・大日孁貴命
旧地名:中河原町987
境内社に稲荷神社
田川のすぐ西,旭中学校の南。昭和49年に中河原町から天神に町名変更。
一条三丁目の天満宮が宇都宮城の西の守護神に対して,こちらは東の守護神。
  由緒書き
宮の細道立て看 本殿左手に稲荷神社
三峯神社

三峯神社

[みつみね神社]

栃木県宇都宮市大通り5-3-2

R宇都宮西口を出て大通りを西に進み田川を渡り次の信号を右折し,田川に架かる橋の手前左手に鎮座。裏に妙正寺。元は上河原町で昭和49年に大通り五丁目に変更された。
大正十五年1926の社柱には「三峰山神社」,右手の石柱に「橋爪五郎墓」
拝殿額は「三峰山神社」,鳥居額は「三峰神社」,明治四十五年1912の手水石には「三峯神社」
「二荒山神社にかかわる悲話」は未調査。
三峰山神社の文字
右のふたつが墓 三峯神社の文字
三峯神社

三峯神社

[みつみね神社]

栃木県宇都宮市一番町1-13

JR宇都宮西口を出て大通りを西に進み田川を渡り次の信号から二番目の路地を左折して比企病院の西側に鎮座。元は大町で昭和49年に一番町に変更された。大町通りにその名が残る。
詳細は不明。
鳥居向かいに公園があり,おしどり塚がある。
おしどり塚
おしどり塚解説    
三峯神社

三峯神社

[みつみね神社]

栃木県宇都宮市三番町2-11

JR宇都宮西口を出て大通りを西に進み田川を渡り次の信号を左折して200mほど行くと右手に。元は押切町で昭和49年に三番町に変更された。現在の旭橋も押切橋と呼んだ。菊水祭に掲げられた幕には「三峯神社・押切町」の文字が残る。
詳細は不明。
琴平神社

琴平神社

[ことひら神社]

栃木県宇都宮市曲師町4-63

祭神:大物主神  境内社:稲荷神社・足尾神社・道隆神
二荒山神社を背に,昔の名=仲見世通りを南下してオリオン通りを渡ってすぐ右手に鎮座。
江戸中期の創建らしい。
昭和二十年1945の米軍による無差別民間攻撃によって,このあたりは火の海となり,琴平神社も全焼した。石燈籠も被害を受け戦後60年を経て損傷著しく,寄進を受けて再建した旨の平成20年の銘板が右手の燈籠台座に取り付けられている。
町名の[まげし]の由来は天和年間1681-4に檜や杉板を曲げて櫃hitsuや桶okeをつくる曲物師が移り住んだことから。初期には棬師と書いた。
宮の細道立て看   道隆神 足尾神
猿田彦神社

猿田彦神社

[さるたひこ神社]

栃木県宇都宮市宮町3-18

祭神:猿田彦大神
旧地名は宮島町で昭和49年に変更されて宮町にされてしまった。宮島を宮に変更する必要は行政区画上もなんの理由もないのだが。だれが決めたのやら。
大通り1丁目交差点を北に入り最初の路地を左に行くとすく右手に。「猿田彦大神」と「稲荷大明神」の社柱が左右に建っている。宮島町児童公園奥の正面が猿田彦神社。拝殿内に享保六年1721猿田彦大神の扁額。境内左手に朱色鳥居の稲荷神社。
撮影日は2012の菊水祭初日。下町渡御供奉役がここの猿田彦の面を被って鳳輦渡御の先導をつとめる。
菊水祭の日 猿田彦大神額と猿田彦面 猿田彦大神
稲荷大明神 左手に稲荷神社 入口
水天宮

仙浪水天宮

[せんなみすいてんぐう]

栃木県宇都宮市・千波町8-1

祭神:水波伸売命(罔象女神のこと)
宇都宮役野北西,田川右岸に鎮座。田川を背にお参りする形になっている。
伊弉冊命が軻遇突智命を生んでその火に焼かれ亡くなる前に二神を生む。「其の終りまさむとする間に,伏して土神埴山姫と水神罔象女とを生みたまふ」(『日本書紀』神代上第五段一書第二)
罔象女は[みつはのめ]。『古事記』では彌都浪能賣神[みつはのめのかみ],闇御津羽神[くらみつはのかみ]。その後祭神としては「水波伸売命」「水波之女命」「水速女命」などとも表記される。水をつかさどる神で,暴れ川「田川」に悩まされた住民が昭和22年1947のキャサリン台風による大洪水災害後の昭和28年1953に創建した。
塙田町,清水町の一部が1974年の住居表示実施により千波町になった。
田川と水天宮 昭和32年1957額 昭和28年1953額
神明宮

神明宮

[しんめいぐう]

栃木県宇都宮市一条3-4-24

祭神:大日孁貴命 配神:迦具土神
旧地名:宇都宮市大黒町1672
東武宇都宮駅の南西,蓬萊大黒通り沿いに鎮座。町名は変更されてしまったが,道路名に「蓬萊大黒通り」として残っている。
由緒沿革は不明。
神明宮 古そうな石祠
菅原神社

菅原神社

[すがわら神社]

栃木県宇都宮市一条3-5-32

祭神:菅原道真公
東武宇都宮駅の南西,蓬萊大黒通り沿いに鎮座。旧地名:蓬萊町1636番
天神二丁目の菅原神社が宇都宮城の東の守護神に対して,こちらは西の守護神。
拝殿左手に石祠5社。氏子の方にお聞きしたところ,東日本大震災で壊滅したが,中国に発注してすべて新調。このうち1社は氏神だったらしいが,それも復活させたという。
拝殿額は「天満宮」だが『栃木県神社誌』(昭和39年2月11日発行)記載の社号は「菅原神社」。維新の際に「宮」が使えなくなって変更させられた社号のまま現在に至っているのだろう。天満宮から北野神社に改称したところもある。国家神道から自由になって隠しておいた旧社号額を架け直す社も多いので,そのうち天満宮に戻るかもしれない。
二宮金次郎石像  
宮の細道立て看 稲荷石祠5社 「一金千圓也」石碑
須賀神社

須賀神社

[すが神社]

栃木県宇都宮市泉町4-12

祭神:素盞嗚命
県庁前通りを北上し釜川を渡ってすぐ左折,真福寺手前右手に鎮座。
社柱右手の文字は「壽町氏子中」
詳細は不明
須賀神社 壽町氏子中
神明宮

神明宮

[しんめいぐう]

栃木県宇都宮市泉町3-5

上記須賀神社の60m東に鎮座。社柱に「鎭守神明宮」とある。泉町鎭守である。
由緒沿革は不明。
三峯神社

三峯神社

[みつみね神社]

栃木県宇都宮市小幡1-3-19

祭神:伊弉諾命・伊弉冊命
大通りから旧日光街道清澄通りに入ってほどなく左手に鎮座。
左社柱に「三峯神社」,右社柱に「八坂神社」
由緒書きに「当三峯神社は天保三年1832武州三峰山(火防の神)の分身を頂き建立奉祀したのが始まりとされています」
拝殿額は「三峯神社」
鉄柵で保護された石燈籠は昭和12年のもの。
由緒  
琴平神社

琴平神社

[ことひら神社]

栃木県宇都宮市清住1-3-30

祭神:大物主命
境内社に戌亥天神菅原神社・三峯神社
県庁の西にある下野新聞社の西側坂を上って最初の路地を右に。旧日光街道清澄通り桂林寺入り口が正式な参道。鳥居,続いて左手に清住不動尊。正面が琴平神社。立派な神楽殿を備え,昭和31年の「宮比講太々御神楽奏楽記念碑」が建っている。宮比流は二荒山神社と同流派。
もとは桂林寺に縁の深い「菅原神社」の境内社で小さい石宮であった。隣りに住んでいた武田好彌氏が明治初年頃に東国より訪ねてきた琴平神社を崇敬する若松鐡五郎氏とともに社殿改築に尽力する。好彌氏は佐貫に参拝して同地で病死し,妻とり子氏が明治九年1876に琴平神社の神社加列を官に請願して認可を得,私有地72坪を奉納して社殿を新築した。養子の吉造氏も敬神の念厚く,太々神楽講を組織し,神楽殿を造営する。明治二十五年1892に清住町民に管理を依頼し今日に至る。菅原神社は社殿右手に祀られている。
例祭:10月10日 境内地:319坪(元の菅原神社246余坪+奉納地72余坪)
*『下野神社沿革誌』五巻51丁明治三十五年1902
河内郡宇都宮市清住町鎮座 無格社琴平神社
祭神大物主命 祭日陰暦三月十日十月十日 信徒六十戸 社掌重田敬宇都宮市清住町 建物本社間口四尺奥行四尺板葺 拝殿間口三間奥行二間栃葺 神楽殿間口三間奥行三間 鳥居一基
社傳に曰く勸請年月詳ならす 往古より菅原神社の傍に少さき石宮に斎き祀れるなり…以下2頁半の長文…本社境内七十二坪余高燥の地にして東は釜川の流れを望み南北菅原神社の境内に接し櫻樹蓊蔚として囲繞し景趣頗る深邃にして常に賽人多くために提灯額面及常夜燈數際りなく献納あり
*『下野神社沿革誌』五巻50丁明治三十五年1902
河内郡宇都宮市清住町鎮座 無格社菅原神社
祭神菅原道真公 祭日陰暦正月廿五日 信徒九十五戸 社掌重田敬宇都宮市清住町 建物本社間口四尺奥行四尺瓦葺 末社五社 水盤屋一棟
社傳に曰く応永三丙子年1396宇都宮下野守持綱の母桂林院殿禪尼深く信仰せられ松峯町松峯山桂林寺境内に勸請せられしか 今を離る三百年前宇都宮城改築の節今の清住町へ桂林寺と共に移轉遷座せしむ…略…明治元年1868兵燹の爲に拝殿其他の社宇悉く消失し只本社のみを残せり…略…境内は清住町通り往還より三十間東側にあり社域二百四十六坪高峻の地にして梅櫻枝を接て相連なる 東は直に斷崖數十尺の下に釜川の流れを隔て塙田戸祭の耕地を越へ八幡山を望み宇都宮市街は栃木縣廰を始め二荒山及ひ招魂社南に向ひは監獄署宇都宮舊城址を下瞰する等殊に絶景なり 毎歳の祭典には賽人麕集して境内ために雑沓を極む
清澄通りから 神楽殿 拝殿額
宮の細道立て看 旧鳥居刻印を転記した板書 拝殿左手の三峯神社
拝殿右手の菅原神社 清滝不動尊
滝尾神社

瀧尾神社

[たきお神社]

栃木県宇都宮市滝谷町20-22

祭神:田心姫命
旧地名:宇都宮市西原町字滝谷1397
境内社に猿田彦神社・稲荷神社・水神社(罔象女神)
栃木街道と平成通り滝尾町交差点の東北道路沿いに鎮座。作家水上勉氏寄贈の桜が植えてある。
滝の権現さまと呼ばれて親しまれ,宇都宮七水の一つが境内にあった。
昭和11年に社殿を改築。由緒に「境内は清泉湧出し旱天も涸れず厳寒も凍らず付近の者用水とした。…その水は流れて水田に注ぐ。宇都宮七水の一なり」とある。ああ,昔のことだ。
*『下野神社沿革誌』五巻50丁明治三十五年1902
河内郡宇都宮市西原字瀧谷鎮座 村社瀧尾神社
祭神田心姫命 建物本社間口一間奥行一間半 拝殿間口二間奥行一間半 氏子二十二戸 社掌萱生英尊
本社創立詳ならす 社域三百三十四坪を有す
  宮の細道立て看
稲荷神社
猿田彦大神 名水の名残池
滝尾神社

滝尾神社

[たきお神社]

栃木県宇都宮市鶴田3215-3

祭神:田心姫命
住所は鶴田であるが上記滝谷町瀧尾神社の交差点を挟んで斜め向かいに鎮座。権現様と呼んでいる。広い境内地だったが,現在はこじんまりした三角地になってしまった。詳細は不明。
 
龍神社

龍神社

[りゅう神社]

宇都宮市・下戸祭1-13-17

高龗神社境外社・祭神[高龗神]

主祭神:高龗神[たかおかみのかみ]
高龗神社の鎮座する山の西の端に鳥居付きの小社が見える。高龗神社の境外社の「龍神社」である。祭神は「高龗神」。
『栃木県神社誌』旧版で,「境外神社」と表記しているが,本社の鳥居から30mくらい離れているので「外」になるのだろう。
実際,鳥居をくぐった内側にあるという感じではない。
合祀して遷座したのか,もともとこの地にあったのか不明であるが,本社の方は明治6年にこの山に遷座しているので,それ以前からここにあった可能性が高い。

ここは二荒山神社のある山の西300mくらい離れた小さい山で,町中より高い位置にあるので,昔なら鳥居から富士山が一望できたにちがいない。日光の男体山はいまでも見ることができる。
近くには伏見稲荷,蒲生神社,須賀神社など。

樹木の向こうに高龗神社
     

 

 宇都宮市の神社目次へ 
 ページトップ