星宮神社

[ほしのみや神社]

栃木県宇都宮市下平出町504

主祭神:磐裂命・根裂命
境内社:八坂神社・稲荷神社
下平出の4社は鬼怒川右岸の河岸段丘に鎮座する。新4号バイバスの東,鬼怒通りの南で,鬼怒川まで800m内にある。
大正四年1915社号標。明治十三年1880石鳥居。文久二年1862三峯山石燈籠。
明治三十一年1898狛犬。昭和廿二年1947狛犬。
馬場尻公民館の隣りに三井寺公民館。三井寺は昔の小字名。
*『下野神社沿革史』5巻9丁(明治三十五年1902刊)
河内郡平石村大字下平出鎮座 村社星宮神社 祭神 磐裂命 根裂命
建物本社間口五尺奥行一間 末社二社 氏子七十戸
本社は字三井寺に在りて社域七百五十四坪平坦の地に在り
祭神名額
三井寺公民館 馬場尻公民館 社務所
庚申神社

庚申神社

[こうしん神社]

栃木県宇都宮市下平出町1251

主祭神:青面金剛
庚申信仰でお祀りした青面金剛をお堂に納め,いつしか鳥居を建て,神社としたのだろう。御本尊石像は合掌している。詳細不詳。
庚申神社額 拝殿内
庚申神社額 平成3年奉納天井絵 御本尊
社殿右手
愛宕神社

愛宕庚申神社

[あたご神社]

栃木県宇都宮市下平出町83

愛宕神社祭神:火産霊命
鳥居額に愛宕神社。社殿内神札に「愛宕神社御祈祷大祓・馬場尻自治会殿」。また平成14年に菊池瑛氏により「愛宕神社敷地」が寄贈された旨を記録した板書が掲げられている。
愛宕神社に庚申信仰が合体したようだ。六つ手の青面金剛石像が祀られている。左となりに「庚申塔」,右は地蔵尊。
奉納額は「愛宕庚申神社」
本殿裏
不明社

不明社

[?]

栃木県宇都宮市下平出町60-5

鬼怒川右岸400mの田園に鎮座。阿久戸公民館隣り。

 

 宇都宮市の神社目次へ 
 ページトップ