宇都宮市今里町・羽黒山の羽黒山神社・密嶽神社

羽黒山神社

[はぐろさん神社]

栃木県宇都宮市今里町1444

主祭神:宇迦之御魂命・菊理媛命 境内社:天満宮
旧地名:河内郡上河内町大字今里
羽黒山458mhの頂上に鎮座。康平年間1058-65の創建。文政元年1818頃消失。文政十三年1830再建。江戸中期に起源をもつ収穫祭・梵天祭が有名。昨年秋の梵天が7月29日現在,拝殿左手に立てられている。
大きな神社で,小生が付け加えることはない。
展望台から100キロ先の東京スカイツリーが見えるとという。
例祭:11月23日
最初の狛犬
杉の巨木 二つめの狛犬
夫婦杉 夫婦杉
夫婦杉 やっと社殿に
中央:梵天 手水舎 三つめの狛犬
拝殿
拝殿内
拝殿軒 本殿解説 本殿彫刻
本殿左手の板絵 本殿
ガラス越しボケたが神輿 由緒沿革
梵天
子宝之杉
天満宮 鐘楼
鐘楼脇の三代杉
文政三年1820再替の文字 社務所
鳥居手前
鳥居右手 巨大な株 密嶽神社への標識
密嶽神社

密嶽神社

[みつたけ神社]

栃木県宇都宮市宮山田2803

主祭神:倉稲魂命
旧地名:河内郡上河内町大字宮山田
羽黒山神社の社務所脇に「密嶽神社0.3KM」の標識が立っている。石段を降りて進むと途中左手に下る分岐があるが,直進して鉄塔方面を目指す。NHK-FMの送信アンテナと建設省の羽黒山無線中継所があり,その下方に朱色の屋根が見えてくる。300mで今里から宮山田に地名が変わる。
元亨二年1322「羽黒山三社大権現」として創建。寛延三年1750に消失したので宝暦二年1752に再建した際,社前を開鑿すると岩の下から清水が湧き出たので「水嶽大権現」と呼ぶようになった。天保八年1837再び消失,天保十一年1840再建。維新に際して「密嶽神社」と改称。本殿両側面と背面に農事のレリーフ。
途中の道から富士山が見えるという。
例祭:11月23日 通称:隠居羽黒山
宝暦二年に水が湧いた岩か
巨大な切株 となりの切株
注連縄が張ってある 無線中継所 NHKアンテナ
富士山が見える穴 羽黒山神社方向
スカイツリーが見える方向 茶店前の聖徳太子尊 田楽茶屋

 

 宇都宮市の神社目次へ 
 ページトップ