八坂神社

[やさか神社]

栃木県宇都宮市下ケ橋町1869

祭神:素盞嗚命
西鬼怒川右岸の広大な田園地帯に鎮座。
宝暦十二年1762石塔,享和二年1802二十三夜塔,文政十二年1829二十六夜塔,天保十三年1842三日月などの石塔が並ぶ。
本殿石宮脇に明治十年1877石燈籠。昭和十六年1941狛犬。
『栃木県神社誌』昭和39年版にもう一社八坂神社(下ケ橋813)が間口二間奥行二間で記録されているが見つからない。馬頭尊の八坂神社石宮か。
三日月 宝暦十二年1762
鎮座の杜
鳴神様

鳴神様

[なるかみさま]

栃木県宇都宮市下ケ橋町1938

逆面町の鳴神神社の祭神は軻遇突智命だがここは不明。南に八坂神社,西に高尾神社。
水田の中 八坂神社から右奥に見える
馬頭尊

馬頭尊

[ばとうそん]

栃木県宇都宮市下ケ橋町813

旧地名:河内郡河内村大字下ケ橋sagehashi
宇都宮市の北部,鬼怒川右岸から800m西,西鬼怒川沿いに鎮座。125号線白沢街道東下ケ橋三差路南。HOMDAのカーナビに白馬神社で載っているが,お隣りの氏子さんもびっくり,聞いたことがないという。ここは馬頭尊で公園の名が白馬公園。
天棚と将門塚で有名。
裏手の真新しい石祠は「八坂神社」と「琴平神社」
西側の勝善神の右手に三社,ひとつに「山神様・平成十三年土地改良によりこの地に移す」と書かれている。
馬頭観世音石塔に嘉永五年1852の文字。
南入り口に「古里村第四部夜警詰所・器具置場」のコンクリート建物が残っている。
ここの北に八坂神社がある。その北西に高尾神社。
八坂・琴平神社
石塔が多い 中央が山神様 馬力神二基
嘉永五年1852 右:天棚収納庫
天棚解説 将門塚解説 首供養塚
首供養塚 高尾神社と八坂神社が載っている 南の入り口の旗杭
八龍神社

八龍神社

[はちりゅう神社]

宇都宮市・芦沼町3277

主祭神[高龗神]

旧地名:河内郡河内村大字芦沼
主祭神:高龗神[たかおかみのかみ]
応仁元年丁亥1468創立。
西鬼怒川の西800mの台地に鎮座。石垣が見事である。
社柱,拝殿額,拝殿内額とも「八龍神社」
明治三十三年の鳥居。
拝殿右手に境内社6社,左手に7社整然と並ぶ。
慶應元年の御神燈。
大正十年十二月石燈籠。
昭和十二年の狛犬。
鳥居右手奥に「男軆山」,男根,石塔。
境内の外,左手に「右しらさわ 中うじいえ 左小くら」の道標と男根。
--------------------
本殿:流造板葺 拝殿:入母屋造鉛板葺 例祭:10月第3日曜

 

 宇都宮市の神社目次へ 
 ページトップ