星宮神社

[ほしのみや神社]

栃木県宇都宮市西川田本町3-14-8

主祭神:磐裂神・根裂神 配神:経津主神・大日靈貴神
境内社:稲荷神社・神明宮・八坂神社
姿川第一小学校北の杜に鎮座。今でも広い境内は明治期には5千坪もあった。
『下野神社沿革誌』では建武(南朝)元年1334創建,境内の「社標」には建武(南朝)三年1336とある。いずれにしろ建武。境内地も差があり「社標」には八百四十八坪,山林境外地貳千四百坪とあり,Googleで見ると小学校と同じくらい広い。少し南に行くと幕田町なので旧地名が西川田町字幕田境1393。
鉄製一の鳥居は昭和五十四年。 左手の鳥居付き境内社は稲荷神社。玉垣のある石祠には大日靈神社の神札がおさめられており,大日靈貴[おおひるめのむち]を祀っている。右手の大谷石土台に五基ある内,左は神明宮,中央八坂神社,小さいのは庚申供養塔,右端は文政八年1825男體山三社大権現。その前の石燈籠も文政八年1825
他に慶応三丁卯年1867石燈籠。
*『下野神社沿革誌』5巻37丁 明治三十五年1902
河内郡姿川村大字西川田鎭座 村社星宮神社 祭神事代主命 經津主神 磐裂命 根裂命 祭日十月十五日 建物 本社間口四尺奥行五尺栃葺 幣殿間口四尺奥行二尺五寸栃葺 拝殿間口三間奥行二間 末社四社 石鳥居一基 石燈籠二基 寳物 神鏡一面 劍一振 氏子九十戸総代三員
本社創建は建武元年1334にして宇都宮公綱崇敬の社なり 元和年中1615-1624神祇管領長上より神位宗源宣旨正一位を授けらる 神職は慶長年間より栗原家にて代々奉仕せり 現今の本殿は天保十二年1841二月の再築なり 社域六百二十五坪旧境内坪數五千十坪也 平地にして本社前面には姿川貫流して水音滾々たり 境内には古杉老檜蒼々亭々として中空に聳ひ幽致愛すへし

社標
大日靈神社 神明宮と八坂神社
奇妙な消え方 文政八年 稲荷神社
稲荷神社

稲荷神社

[いなり神社]

栃木県宇都宮市西川田町996

主祭神:倉稲魂命
弘化年間1844-48の創立。鶴田駅の南西,姿川中学校前のBMW販売店裏に鎮座。姿川まで300メートル。
詳細不明。
参道左手に黒木橋集会所。
新しいお狐さんが奉納されている。宅地化が進んだため杉は切られて切り株があちこちに残っている。
弘化三年1846常夜燈。嘉永六年1853石燈籠。
本殿
弘化三年 嘉永六年

 

 宇都宮市の神社目次へ 
 ページトップ