星宮神社

[ほしのみや神社]

宇都宮市・上欠町706

合祀社:[高龗神社]

主祭神:磐裂命,根裂命
宇都宮環状線の西,聖山公園のすぐ北。天台宗明星山寶林寺に隣接する田園地帯。すぐ北を東武日光線が走る。
拝殿内に祭神名と合祀社が書かれた額が2枚あるが斜めに掛かっていて肉眼では読めない。撮影してきて読んでみると磐裂命のsakuの字は析を使用。明治42年に姿川村大字上欠内の8社を合祀したことが書かれている。浅間,熊野,権現山大山祇,中原大山祇,高山台八坂,打越稲荷,根古谷台八坂,そして字道上からは稲荷神社とともに無格社「高龗神社」合併許可と読める。龗字の口みっつは気持ち書かれているように見える。写真の額のいちばん左の行。神社を廻っていてこうした書き物があるととてもありがたい。
板絵が左右に4枚掛かっているが図柄はすでに判別しない。
明治三年の狛犬。後ろの白い建物は公民館,朱色の屋根は寶林寺。
この神社はここからが面白い。拝殿裏手に回ると石祠がずらりと並んでいる。正面に大きめの2社,その右に藁で覆った原初的な祀りが見える。
左手に10社,文字の読めるのは2つで「仲坪稲荷」「正一位稲荷」
その向かいに御神燈5基。
「天保二辛卯年」1832御神燈。
「奉納御寶前 文久二壬戌年九月十五日」1862
「明治十三年二月」御神燈。
さらに寶林寺入口右手に「十九夜女人講 文化十二」1815などの石塔がこれまたずらりと保存されている。
「念佛供養寶塔 享保十五」1730「xx六部供養寶塔 明和四辛亥歳」1767「「天明二年」1782寛政十二庚申」1800などの年号が読み取れる。
境内社:大物主命の琴平神社,大山祇命の湯殿神社,猿田彦神の猿田彦神社
拝殿内 高龗神社の文字が見える
星宮神社

星宮神社

[ほしのみや神社]

栃木県宇都宮市下欠町55

主祭神:磐裂神・根裂神・経津主神
境内社:大杉神社・琴平神社
羽生田街道を西進し姿川を渡って大きくカーブした先の左手に鎮座。右手の奥の山裾にも,もうひとつの星宮神社が見える。
享保年間1716-36の創建。昔は下欠下[しもかけした]字南坪といった。
社号は旗杭と拝殿内右手の額に読み取れる。
昭和十七年1942の旗杭から東南に子ども総合科学館のロケットが見える。
*『下野神社沿革誌』5巻38丁 明治三十五年1902
河内郡姿川村大字下欠下鎭座 村社星宮神社 祭神磐裂命 根裂命 建物 本社間口四尺三寸奥行七尺 末社二社 氏子四十一戸 本社創建年月詳ならす社域三百六坪平坦の地に在り

手水舎と神輿庫 神輿
右手の境内社 左手の境内社
背後の竹林
明治四十三年1910石製鳥居 科学館のロケットが見える
星宮神社

星宮神社

[ほしのみや神社]

栃木県宇都宮市下欠町153

主祭神:磐裂神・根裂神
上記星宮神社のすぐ北西。社号を示す文字は見当たらない。ちょうど草取りに向かうおばあさんにお尋ねすると星宮神社。ずっと昔からここにあるという。詳細は不明。
脇をきれいな用水が流れ,背後に山を抱え,水田が南北に広がる。気持ちのいいところ。
姿川に合流する用水 右手奥にさつきロード

 

 宇都宮市の神社目次へ 
 ページトップ