雀宮神社

[すずめのみや神社]

栃木県宇都宮市雀宮1-2-21

境内のステンレス製由緒には「御諸別王」を主神とし素盞嗚尊と大山祇命を祀り,長徳三年997八幡太郎義家によって創建されたと書かれている。正徳三年1713に東山天皇に下賜された金文字で「雀宮」と書かれた勅額が本殿に保存されている。
『栃木県神社誌』昭和39年発行記載の祭神・境内社は次の通り: 祭神:素盞嗚命 配神:藤原実方・倉稲魂命・大山祇命
境内社:琴平神社・稲荷神社・厳島神社・雷電神社・天満宮・湯殿神社。綾女神社は明治四十二年1909湯殿神社と共に合祀とある。拝殿左手の「綾女稲荷神社」がそれか。
長徳三年997創建の古社。JR雀宮駅北。
最初に綾女ayame姫の遺言による神社が素盞嗚命を祭神として創立され,ついで雀宮神社と改称する。
藤原行成とのけんかが原因で左遷されるはめになった陸奥守藤原実方が先に任地に赴く。後を追って妻の綾女姫が平安京から旅をしてくるも病を得てこの地で亡くなる。臨終の床で土地の者に遺言を残す。「天照大神と素盞嗚命の誓約で交換された八坂瓊曲玉[やさかにのまがたま]を持ってきたので,これを祀れば繁栄を保証する」というので,このとんでもない宝珠を祀ったのが綾女神社の始まり。
この曲玉からは田心姫命・市杵嶋姫命・湍津姫命の三女神が化成している。本物なら伊勢に返上すべき超絶お宝で,そもそも存在しない。権力者が家格を高く見せるために仕立てたもの。それはよくあることで悪いことではない。
藤原実方も長徳三年998九月に任地陸奥で他界するが,雀に姿を変えて綾女姫ゆかりの社に飛来する。霊異にあやかり実方朝臣を相殿に祀り,雀宮大明神と改称する。
下記の『下野神社沿革誌』では雀宮神社と綾女神社の二社が記録されており,混乱する。明治30年代の氏子の数は同数で126戸であった。
どうやら同時期に倉稲魂命を祭神とする「綾女神社」が雀宮神社とは別に少し北東の地に創建され,明治十八年1885に雀宮神社の隣りに30坪の広さで遷宮し,祭神との関係で「綾女稲荷神社」と呼ばれるようになり,明治四十二年1909に雀宮神社に合祀され,土地の方のおっしゃる「お稲荷さん」になったようだ。
藤原実方=さねかたの中将の百人一首収録の歌は「かくとだにえやはいぶきのさしも草さしも知らじな燃ゆる思ひを」
清少納言とも浮き名を流した。光源氏のモデルともいわれる。入内雀・実方雀の怪異を内裏にもたらした張本人で,さすれば京への途上に雀宮に寄ったのか。ロマンティクな怨霊といえばあたりそうな激情のかたまりのような男であった。
後に多数の和歌に詠まれる歌枕「室の八島」を早い時期に使って「いかでかは思ひありとは知らすべき室の八嶋の煙ならでは」を作っていて,栃木には縁が深い。 1999年建立の石鳥居が4号線沿いに立つ。読めるもので古い文字は石燈籠の天保十一子年1840。
残念ながら2013年10月15/16の台風26号で倒された御神木の大ケヤキの下敷きになり綾女神社は破壊され,屋根と土台が残っているのみ。本殿にも枝が覆いかぶさり,10度以上傾いてしまった。台風被害の詳細はこちら雀宮地区まちづくり推進協議会
社殿はかつては石の玉垣で囲われていた。玉垣の石材は横に積んで残されている。(写真は2013/11/13現在)
*『下野神社沿革誌』5巻39丁 明治三十五年1902
■河内郡雀宮村大字雀宮字十里木鎭座 郷社
雀宮神社 祭神素盞嗚命 相殿一座藤原實方朝臣命 祭日九月十九日 建物本社間口一間一尺奥行一間一尺 拝殿間口三間半奥行二間 華表一基 石燈籠二基 氏子百二十六戸 社掌中川義信(以下長文の由緒)
5巻40丁
■河内郡雀宮村大字雀宮字十里木鎭座 村社
綾女神社 祭神宇賀御魂命 建物本社間口三尺奥行三尺五寸 拝殿間口二間奥行一間 鳥居一基 盥漱盤一個 氏子百二十六戸 社掌中川義信郷社雀宮神社社掌 社傳に曰く長徳元年995藤原中将實方朝臣の妃綾女卿を慕ひ此里に尋ね来り暫し休息せる時俄に病に罹り終に逝去せるを里民妃を葬り祠を立綾女稲荷大明神と崇敬す 其霊験あるを以て本地の鬼門除に祀り給ふと云云 后明治十八年1885四月今の地に奉遷す 社域三十坪平坦の地に在り
郷社雀宮神社
由来書
綾女稲荷神社屋根 綾女稲荷神社土台
旧鳥居など ベンチのところに御神木があった
御田神社

御田神社

[みた神社]

栃木県宇都宮市上御田町456

主祭神:大山祇命 境内社:大山神社・二荒神社・猿田彦神社
東北新幹線と宇都宮線にはさまれ,東に広大な田園が広がる。
昭和30年1955の「上御田東坪一同」の奉納旗杭が鳥居手前に。石段左手に「男體山三社大権現」,右手に「大山石尊大権現・天保十一年1840」
北側に「延宝九辛酉年1681」の古い石像と,不明の石塔,馬頭観世音が並ぶ。
* 『下野神社沿革誌』5巻40丁 明治三十五年1902
河内郡雀宮村大字上御田鎭座 村社御田神社 祭神大山祇命 建物本社間口五尺奥行六尺 拝殿間口二間奥行三間三尺 末社三社 氏子三十九戸 本社創立年月詳ならす 社域四百九坪にして平坦の地に在り
本殿屋根 本殿鰹木 石段左手
石段右手
左端:延宝九年1681
湯殿山神社

湯殿山神社

[ゆどのさん神社]

栃木県宇都宮市城南3-15-3

主祭神:大山祇命 境内社:大杉神社
宇都宮スケートセンターの南に鎮座。田川から引かれた用水の辺に石製鳥居。
『下野神社沿革誌』『栃木県神社誌』ともに「山」なしの「湯殿神社」で収録されていたが,昭和60年の新築完成記念碑には「湯殿山神社」と刻まれた。
* 『下野神社沿革誌』5巻10丁 明治三十五年1902
河内郡横川村大字東横田鎭座 村社湯殿神社 祭神大山祇命 建物本社間口七尺奥行八尺 拝殿間口二間奥行二間 末社一社 氏子二十五戸 本社創立年月詳ならす 社域百七十一坪平坦の地に在り境内には華表及ひ石の燈籠ありて風致優雅なり
鳥居建設記念 新築完成記念
菅原神社

菅原神社

[すがわら神社]

栃木県宇都宮市台新田1-1-14

旧地番:宇都宮市台新田町194
主祭神:菅原道真公 配神:素盞嗚命 境内社:八坂神社・神明宮・三峯神社・稲荷神社・大山祇神社
4号線日光街道沿いに石製鳥居が立つ。台新田集会所のさらに奥に社殿。「菅原神社の由来」には道真公の略伝が書かれている。
拝殿左手に境内社5社が整然と並び,「末社の由来」案内板のうち,八坂神社の項に素盞嗚命と荒振神の神楽面が保存されていることが書かれている。境内社前の古い方の石燈籠は「安政六年1859」
* 『下野神社沿革誌』5巻10丁 明治三十五年1902
河内郡横川村大字大字臺新田鎭座 村社菅原神社 祭神菅原道眞朝臣命 建物本社間口一間半奥行二間一尺 拝殿間口二間奥行一間半 末社四社 石燈籠二基 手洗盤一個 氏子四十八戸 本社勸請不詳 社域三百八十一坪平坦の地に在り
菅原神社の由来
末社の由来
大山祇神社

大山祇神社

[おおやまつみ神社]

栃木県宇都宮市上横田町707-1

主祭神:大山祇命 配神:素盞嗚命・伊弉諾命・菅原道真公 境内社:八幡神社
田川が新幹線をくぐるあたりの住宅地の東端に鎮座。東に田園地帯。昭和62年の朱色の鳥居の奥の少し小高い丘の上に拝殿が見える。鳥居脇に「万延元年1860」石燈籠。
二の鳥居「享和三癸亥歳1803」は石製で「臺新田村・上横田村・西屋板村」の文字。石段手前の石燈籠には「天保十己亥年1839季春吉祥日」
拝殿手前の被災した石燈籠「弘化四丁未年1847」の脇に「文化三丙寅天1806臺新田村中」の200年を超える手水石。古い方の狛犬台座に「弘化四年1847」,新しい方の狛犬台座に「嘉永元戊申年1848」
明治貳拾八年1895石坂修繕記念碑。
* 『下野神社沿革誌』5巻9丁 明治三十五年1902
河内郡横川村大字上横田鎭座 村社大山祇神社 祭神大山祇命 建物本社間口一間四尺奥行一間四尺 末社一社 華表一基 石燈籠六基 氏子百二十戸 本社創立年月詳ならす 社域六百三十五坪字大房林に在り
石坂修繕記念碑 文化三1806
二の鳥居 一の鳥居手前
中嶋神社

中嶋神社

[なかじま神社]

栃木県宇都宮市中島町614

主祭神:大山祇命 境内社:浅間神社・三峯神社・八坂神社
平成19年の「中嶋神社御遷座記念碑」に,明治三年1870ころ御神体の金幣束を富豪に売って飢饉から村人を救ったため,仮の御幣束の時代が長く続いた。時を経て平成19年3月26日に愛媛県今治市大三島の大山祇神社から正式に御分霊を勧請し直したことが厳かな遷座式の様子と共に刻まれている。
昭和34年石鳥居。明治十四巳年1881の「當神社境内杉千本献」記念碑が立っているが,今は数十本の杉が残っているのみ。
文久三亥1863の石燈籠。
なお,『下野神社沿革誌』では「山」なしの「中島神社」で,『栃木県神社誌』では「山」つきの「中嶋神社」。社務所看板も中嶋神社,公民館看板も中嶋町。奉納額は混在している。
* 『下野神社沿革誌』5巻40丁 明治三十五年1902
河内郡雀宮村大字中島鎭座 村社中島神社 祭神大山祇命 建物本社間口一間奥行一間半 拝殿間口二間奥行九尺 末社三社 氏子十九戸 本社は字芋内に鎭して社域六百三十二坪平坦の地に在り
中嶋神社御遷座記念碑
稲荷神社

桜稲荷神社

[さくらいなり神社]

栃木県宇都宮市中島町790

中嶋神社の南,インターパークの西の田園地帯に鎮座。脇に用水が流れている。詳細不詳。
鎮座の杜
東谷神社

東谷神社

[とうや神社]

宇都宮市・東谷817

主祭神[高龗神]

主祭神:高龗神[たかおかみのかみ]
境内社に「高龗神」の「高尾神社」と大物主の大杉神社。高尾と「尾」を使っている。
宇都宮インターパークのジョイフル本田の200m西の田んぼに鎮座。
北関東自動車道が風景を分断してしまったが,このあたりは関東平野中心部の大平地。現在でも一大農業地帯である。
昭和三年の旗杭。鳥居には文字なし。
大正四年十一月の石燈籠。右手に大正四年十一月の手水石。
昭和十八年の伊勢参宮記念石祠。明治十八年十月廿七日の石祠。
社殿裏に石祠二社。右手に昭和十八年十一月吉日の石祠。年代不明石祠。合計5基。どれが「高龗神」の高尾神社か判別しない。
------------
本殿:流造 拝殿:入母屋造 例祭:11月15日日
『下野神社沿革誌』収録の河内郡雀宮村の神社には他に下反町「高尾神社」,下横田「高尾神社」,羽牛田「高龗神社」,茂原「高龗神社」があり,「栃木県の高龗神社」「龗関係神社」に掲載しました。また針ケ谷の「八幡宮」「熊野神社」は「針ケ谷」の項に掲載しました。御田長島に「白山神社」が記録されていますが発見できません。