二渡神社

[にわたり神社]

那須郡那珂川町久那瀬1883

 境内社[八龍神社]

主祭神:伊弉諾尊 伊弉册尊 配神:須佐之男命

境内社に八龍神社(祭神不明),別雷神の加茂神社,金刀比羅神社,不動尊社
八龍神社は境外社説もあり,高龗神との関係も不明。久那瀬1067-2に鎭座。
合併前は馬頭といっていた那珂川沿いの環境抜群の町。道の駅ばとうの南2.6キロあたりにある八溝大橋のすぐ近く。
元亀二年1571創立。安産祈願のため「にわとり絵馬」を寄贈する。
通称にわとり神社。『栃木県神社誌』は[ふたわたり]のルビ,本当だろうか。稲荷神社のある和台坪でお二人にお聞きした限りでは「にわたり」
県内には徳次郎に「鶏渡神社」[にわたり],旧今市轟に「高男荷渡神社」[にわたり],小百に「高尾荷渡神社」[にわたり],岩舟に荷渡神社[にわたし],野木と大平町に「根渡神社」[ねわたり],氏家に「鶏神社」[にわとり],上金井に「鶏鳥神社」[にわとり],新里に「鶏大権現」,芳志戸に「荷渡権現」,鹿沼には,西沢地区に「荷渡神社」,三幸町と見野に「鶏神社」がある。 関東以北では[に][ね][み]の音をあてた漢字を用いる社もある。庭渡,御渡,美渡,子渡,根渡,三渡,見渡など。読み方も変化して[にわたし」[みわたり」などとなる。他に二羽渡・仁和多利・新渡・海渡・三輪足・鬼渡などさまざまだ。 明治十八年の鳥居。石段右手に見事な杉。
拝殿左手に境内社。
「明和四丁亥九月吉日」1767の文字がくっきり残っている手水石。
「奉納御寶前女人・延享四丁卯歳九月拾三人」1747の石燈籠。
本殿:神明造木羽葺 幣殿:亜鉛葺 拝殿:亜鉛葺 例祭:10月最終日曜日
*『下野神社沿革誌』明治三十六年1903 八巻28丁
那須郡武茂村大字久那瀬鎭座 村社 二渡神社 祭神 伊弉諾命・伊弉冊命/大己貴命 本社間口三尺五寸奥行三尺 拜殿間口三間奥行二間 末社廿六社 氏子八十八戸 社掌横山鐵五郎同村北向田住
本社創立詳かならす 社域三百八十一坪高丘の地にあり 境内には石鳥居屹然として千年の苔滑かなり 夫より八十階の石磴を躋りて廣庭あり 又石磴十二階上りて拜殿に到れは石の燈籠左右に並列し老杉古檜橿の大木ありて雅致掬すへし 社前に地主塚在り 傳へて往古此に本社のありたる處と云へと其來由詳かならす
二渡神社額
二渡神社額 明和四年1767手水石
延慶四年1311石燈籠
藁宝殿 御神木
八龍神社

八龍神社

[はちりゅう神社]

那須郡那珂川町久那瀬1067-2

詳細不詳。すぐ下で那珂川に合流する清流の崖上に鎭座。維新の際に上記二渡神社の境外社にされたと推測できるが,証拠は見つからない。
入口に昭和三年1928馬頭観世音と馬頭尊。昭和十六年1941石鳥居をくぐると左手に明治三十二年1899聖徳太子尊。
昭和十六年1941石鳥居 上りになっている
本殿
境内社
右手裏に境内社
本殿裏手 川幅のある支流
参道右下に那珂川支流 ステンレス旗竿
昭和十六年1941石鳥居
石鳥居奉納記念碑 明治三十二年1899聖徳太子尊
農道から
稲荷神社

和台稲荷神社

[わだいいなり神社]

那須郡那珂川町久那瀬525

祭神:倉稲魂命
和台坪鎭守。昭和56年1981九月九日建築の寄附芳名板書。維新までは正一位和台稲荷大明神と称した。
詳細不詳。
鷲子山神社の杉板使用 本殿 多数の寄附社名
鎮座の杜

 

 那珂川町神社目次 
 ページトップ