熊野神社

[くまの神社]

那須烏山市・熊田2491

旧地名:那須郡・南那須村大字熊田
主祭神:伊弉冊命 配神:木花開耶姫命 境内社:加波山神社・世直神社
現境内より高い山中にあった富士神社を大正七年1918に合祀。
昭和60年代まで世直し祭りが行われた。
昭和四十年1965石鳥居。拝殿内の昭和十三年1938奉納記念板書に「杉檜貳百本・吉野櫻拾本」。
拝殿社号額は昭和六年1931,明治三十九年1906武者絵,明治二十六年1893読めない額。
社殿右手に大正十三年1924神饌幣帛兩指定村社記念碑。もうひとつ平成2年1990国有地払下記念碑,平成にも払下げがあった?
社号標も昭和八年1933建立だが,大正十三年村社昇格を記念している。
社殿左手に境内社。参道途中右にも境内社。
大正十四年1925狛犬と石燈籠。 例祭:11月28日
熊野2

熊野神社

[くまの神社]

那須烏山市・熊田556

旧地名:那須郡・南那須村大字熊田
主祭神:伊弉諾命・伊弉冊命 配神:木花開耶姫命 境内社:諏訪神社・八坂神社・琴平神社
藤田山西光寺のとなりの山頂に鎮座。藤田の鹿島神社からは直線で1.5キロ。荒川左岸の同じ丘陵に位置する。
南那須町名木百選・熊田西光寺の桜と地蔵堂の左手に二股の草道がある。最初車幅ほどの勅新道に入ったが濡れた草に阻まれて断念。戻って左手に入ると湿地に板の渡が置いてある。坂を上ると突き当りに昭和十五年1940の社号標。右に直角に折れると石段。途中から石段は草に覆われ倒木も横たわっている。さらに上ると草がなくなり上りやすくなる。昭和三十一年1956奉納の鳥居から土の参道になり奥に社殿。昭和?年の石燈籠のつぎに狛犬。となりに昭和七年1932小ぶりの石燈籠。
拝殿内に額が二枚。右は明治三十三年1900回廊のある社殿の図。左は伊勢太々御神楽の図。
本殿左手に昭和九年1934太々御神楽創立五十周年記念碑,昭和五十九年1984太々御神楽創立百年記念碑。そのうしろに昭和21年1946熊野山。熊野山の前は塚のように盛り上っている。
熊田には熊野神社が他に三社鎭座。
例祭:10月9日
十二社大明神

十二社大明神

[じゅうにしゃ]

那須烏山市・熊田2168

旧地名:那須郡・南那須村大字熊田
主祭神:天神七代・地神五代之大神 境内社:稲荷五社大神
建久二年1191福原五郎之隆の創建。
見目家の氏神社らしい。慶長二年1597に創建,明治二年1869,明治四十五年1912に再建。
稲荷五社大神は創建不詳,明治十年1877,明治四十五年1912再建。
平成十一年1999に十二社大明神と稲荷五社大神の社殿・鳥居を再建。
十二社大明神 十二神
祭神 稲荷神社
熊野3

熊野神社

[くまの神社]

那須烏山市・熊田1204

旧地名:那須郡・南那須村大字熊田字宮ノ下
主祭神:伊弉諾命・伊弉冊命 配神:速玉之男命・譽田別命・事解之男神
推古天皇の時代に創建。熊野三所大権現と称した。
474坪。
例祭:10月15日
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
那須郡  熊野三所宮 中井上 文光院
*『下野神社沿革誌』明治三十六年1903 巻八-15丁
那須郡下江川村大字熊田字宮下鎭座 村社 熊野神社 祭神 伊弉冊命・速玉男命・事解男命 建物本社九尺四方 拜殿間口三間奥行二間 木鳥居一基 末社二社 石燈籠二基 氏子百十五戸 社掌熊田晋仝村大字仝住
本社は 推古天皇の御宇足原▢喜京都より來り本社を勸請せしか濫觴にして熊野三所大權現と稱せしか 孝謙天皇の御宇大化三年647本村の鎭守神とし仝年九月一日卯刻の旭に向て地形の工事を始め漸次宮殿を造營し神領八町を附せられ頗る隆盛の神社なりしも貞應年中1222~24那須與市宗隆五世の孫彌四郎光信か本村へ館を築き居住せしより神領を没収せられ神田四畝三歩を附せられたり 奉仕は熊田山明王院を以て別當に充て祭典嚴めしく行ひしも寛永年中1624~44烏山城主松平石見守の代に至り神田を収めらる 爾後祭典修繕等は氏子の負擔となり漸々衰頽に至りしも維新の際村社に定められ熊野神社と改稱し別當明王院ね復飾して本社に奉仕せり 社域三百坪平坦の地にして境内には古杉老檜繁茂し優雅にして深邃の趣きあり
熊野4

熊野神社

[くまの神社]

那須烏山市・熊田2245

旧地名:那須郡・南那須村大字熊田字宮大久保
主祭神:伊耶那岐命・伊耶那美命
163坪,小祠。
例祭:10月15日
熊野5

熊野神社

[くまの神社]

那須烏山市・熊田2756

旧地名:那須郡・南那須村大字熊田
主祭神:伊弉冊命 配神:速玉之男命 境内社:稲荷神社
199坪。平成二年1990新築の拝殿内右手に熊野神社本殿,左手に日枝神社本殿。
例祭:9月19日

 

 神社目次 
 ページトップ