三箇神社

[さんが神社]

栃木県那須烏山市三箇1273

旧地名:那須郡南那須村三箇1273
祭神:火産霊命 配神:大己貴命・大山祇命・倉稲魂命・豊受姫命・天神七代・地神五代・譽田別命・大物主命・大日孁貴命・磐裂神・根裂神・別雷神 293号線で喜連川の町を抜け,鍬柄坂下三差路を右折して葛城の神明宮前を過ぎて3キロ先を左折してすぐ。
入江野,塙,戸田の山村が明治維新の際に合併して三箇村となった。大正四年に愛宕神社(文政十二年1829創立)と三島神社(天明六年1786創立)と湯泉神社を合併し,三箇神社と改称した。主祭神の火産霊命は愛宕神社の祭神であった。
大正九年の記念碑には合併許可の大正三年に三箇神社となったと刻んである。。
切り株断面に「至福の手形」が彫ってあり,左手を当てて願い事をすると叶う。すばらしい。
平成16年三箇神社建築記念
由緒書きが書かれた記念碑 至福の手形 震災で倒壊した鳥居跡
裏手に小さな鳥居

 

 神社目次へ 
 ページトップ