稲荷神社

[いなり神社]

栃木県小山市大本615

旧地名:小山市大本字稲荷山735 通称:篠塚稲荷
主祭神:倉稲魂命・保食神・雅産霊神 配神:琴平神・大杉神・天満宮・弁財天・道祖神/栃木県神社誌では大山祇神・道祖神・軻遇突智命・菅原道真公
境内社:大国神社・琴平神社・大杉神社・厳島神社・手塚神社
「篠塚稲荷塚古墳」の前方部に鎮座。後円部墳頂には境内社の「大国社」が鎮座。
昭和60年1985の「篠塚稲荷神社御由緒」石碑に沿革が刻まれている。
正治二年1200正月創建の古社。応永二十三年1416に古墳上に遷宮。同時期に大国主命と猿田彦乃命を祭神とし大国社が創建された。
現在の社殿は宝暦八年1758再建のもの。権現造拝殿は明治七年1874再建。
明治四十四年1911愛宕神社を合祀している。
昭和52年1977石碑に「拝殿改修・社務所新築・神楽殿屋根改修・大杉神社石段改造・神楽衣裳新調」と合わせて「昭和四十九年御神木落雷」と記されている。拝殿前に真鍮の筒に保存されている切株がそれか。
平成7年1995神楽殿改築記念碑の裏に「大本・小薬・松沼」の氏子名が刻まれている。
平成2年1990顕彰碑に浄財により百四基の灯篭が奉納されたことが記録されている。
* 『下野神社沿革誌』4巻70丁 明治三十六年1903
下都賀郡豊田村大字大本鎭座 村社稻荷神社 祭神稻倉魂命 大山祇命 道祖神 建物本社間口三間奥行四間 拜殿間口六間奥行三間 社務所間口三奥行四間半 燈籠二基 神樂殿一棟 末社五社 氏子二百七十戸 社掌長義憲? 往時本社別當には小藥村田屋山稱念寺にて奉仕せり 明治維新後長氏奉仕せり 舊別當稱念寺縁起内に曰く 往古梶原影則當地に本城を築き居城せしむ 同氏は常に泉州篠田の森稲荷明神を崇信すること年久し 故に本地田屋の側芝生の塚に祠を立て篠田の森稲荷明神を奉還し篠を植ひ塚上に祭祀す(今尚本社境内の中央に在り)是より篠塚稲荷大明神と崇むと云々 後小藥郷の惣鎭守神と崇敬し宝暦八年1758二月本社再建明治七年1874十二月拝殿を再築す 現今の社域一千二百四十七坪平坦の地にして神池あり石の反橋を架し石の華表及ひ石の燈籠左右に並列し馬塲には古松落々として並列し頗る大社の風ありて最も深邃の趣に富む
長い参道に灯篭104基 一の鳥居額
拝殿 正一位稲荷大明神 手水舎
御神木切株 明治三十二年1899
柵囲い 大国社鳥居 大国社
大国社右手に金毘羅宮 愛宕神社
大杉神社石段 大杉神社 弁財天
御手元神・稲荷神社 手塚神社 水神
切株が保存されている 神楽殿 御神馬舎
御神馬舎の額絵
改築記念碑など 由緒書など
天満宮

天満宮

[てんまんぐう]

栃木県小山市飯塚1581

旧地名:下都賀郡桑絹村大字飯塚1580
主祭神:菅原道真公 配神:譽田別命・伊弉諾命・伊耶冊命 境内社:八坂神社
黒川と姿川が合流する田園地帯,県道18号線沿いに鳥居が見える。隣りに維新前まで別当寺だった台林寺がある。
享保十八年1733石鳥居。
大正十一年1922に八幡宮・愛宕神社を合祀している。
*『下野神社沿革誌』明治三十六年1902 4巻30丁
下都賀郡桑村大字飯塚鎭座 村社天滿宮 祭神菅原道眞公靈
建物本社間口四尺八寸奥行四尺四寸 末社一社 氏子八十四戸 本社創立詳ならす社域六百二十四坪字本町に在り
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
都賀郡 天満大自在天神宮 飯塚 台林寺
御神木切株
手水舎
享保十八年1733鳥居
八幡神社

八幡神社

[はちまん神社]

栃木県小山市小宅1289

主祭神:応神天皇 境内社:琴平神社・三峯神社
下野国庁跡資料館のすぐ南,黒川右岸の田園地帯に鎮座。
推定樹齢500年を超えるカヤの巨木があることで有名。高さ 28m,目通り4m。看板を参照。
* 『下野神社沿革誌』明治三十六年1902 4巻70丁
下都賀郡豊田村大字小宅鎭座 村社八幡神社 祭神應神天皇
建物本社間口三尺奥行一間四方 拜殿間口三間半奥行二間 末社二社 氏子八十八戸 本社再建は寶永六年1709九月なり 社域一千二百七十六坪を有し字八幡前に在り
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
都賀郡 八幡宮 小宅 真如寺
拝殿右側面
手水舎
境内社鳥居 三峯神社・琴平神社 十九夜塔
石鳥居寄附連名表 500年カヤ
不明社

不明社

[?神社]

栃木県小山市小宅628-1

上記八幡神社の南,黒本の星宮神社手前の右手に鎮座。すぐ東に豊受神社。
詳細不明。
橿原神社

橿原神社

[かしはら神社]

栃木県小山市羽川429

旧地名:下都賀郡・桑絹村大字羽川429 主祭神:神日本磐余彦命 境内社:星宮神社・吉田神社・琴平神社・八坂神社
往古には磐裂神・根裂神を祭神として「星宮神社」と称したが明治五年1872に九州宮崎神宮より神日本磐余彦命を勧請し橿原神社と改称した。旧郷社。
社殿すぐ後ろを新幹線が走る。その昔,明治三十九年1906に東北線を走る石炭燃料の汽車からの飛び火で社殿焼失し,大正三年1914に再建。詳細は由緒書きの写真を参照。『下野神社沿革誌』とは創建の点で多少異なる。
* 『下野神社沿革誌』明治三十六年1902 4巻30丁
下都賀郡桑村大字羽川鎭座 郷社橿原神社 祭神神武天皇 建物本社間口二間二尺奥行二間 拜殿間口六間半奥行二間半 末社六社 氏子五十戸 本社は明治五年1872本地に橿原舊神社を勸請せんことを官に請へ允許を得初めて祠を建てて奉祀せしか濫觴なりしか後氏子人民一同相議り本社を以て郷社に崇敬致したる旨を請しに官又裁許せられ仝年十一月一日を以て郷社に定めらる 社域四千四百二十九坪字橿原の平坦の地に在り
4号線沿いの鳥居 東に入った社殿南の鳥居
手水舎 由緒書
星宮神社 吉田神社 琴平神社
神輿殿
上宮神社

上宮神社

[かみのみや神社]

栃木県小山市南半田1711

主祭神:経津主命
詳細不詳。境内地671坪。江戸期の別当寺金剛院参道に旗杭舎。維新前の呼称である上宮大明神の額が拝殿に掲げてある。
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
都賀郡 正一位 上宮大明神 半田 金剛院
正一位上宮大明神
西の鳥居 昭和十年1935遷宮の文字 金剛院
日枝神社

日枝神社

[ひえ神社]

栃木県小山市喜沢1239

主祭神:大山咋命 配神け大己貴命・火産霊命・市杵島姫命・譽田別命・菅原道真公・水速女命・野田霊神 境内社:神明宮・稲荷神社
境内地3,548坪。元文五年1740の古文書に山王権現社地二反四畝歩除地の記録がある。手水石に寛保三癸亥1743の文字。
コンクリートの円筒に砂が盛ってあり,案内板に「家新築土木工事に際し神砂をまくとご利益あり。工事後は砂を倍にして返すこと」
参道に樹齢400年を超えるケヤキの巨木が3本と300年超の杉が聳える。少し分かりにくいが,鳥居が立っているのは国道4号線沿いで,ケヤキは国道を渡ってさらに東に延びる参道にある。そのまま東に行くと県道265号線にぶつかり,そこに旗杭が立っている。256号は旧日光街道。『下野神社沿革誌』に海の字で海道とあり1800年前後にもまだ海の字が通用していたことが分かる。
* 『下野神社沿革誌』明治三十六年1902 4巻31丁
下都賀郡桑村大字喜澤鎭座 村社日枝神社 祭神大山咋命
建物本社間口二間一尺四面 拜殿間口三間半奥行一間五尺 末社二社 氏子四十五戸 本社は字海道西に鎭して社域九百七十六坪を有す
神砂 土俵
野田霊神
境内社覆屋
昭和36年1961由緒書 大正十年1921碑
国道4号線沿い 県道265号線から

 

 神社目次へ 
 ページトップ