八龍神社

[はちりゅう神社]

小山市・荒川119

主祭神[高龗神]


主祭神:高龗神[たかおかみのかみ]
永禄年間1558-70の創立と言われる。
思川駅入口交差点の北東,豊田中学校の南。周囲は水田。
4枚の額文字は「八龍神社」
左端の額を奉納された方に偶然お会いすることができた。ニューギニア出征から無事帰還できたことを感謝して奉納されたとのこと。荒川の鎮守として現在でもきちんと手入れされており,桜がちょうど満開だった。
維新の神仏分離で八大竜王から八龍神社に改称。鉢形,若林,武井の八龍神は「八」も取られてしまったが,ここは残っている。八まで削除したのは国に配慮しすぎたのではないだろうか。
拝殿内には着色板絵が大小2枚見えるが,図柄は判別しない。
「日支事変軍馬徴発記念」碑
「氏子・産子中」とある鳥居は「昭和十二年十月十五日建之」1937年。
本殿:流造瓦葺 幣殿:切妻造瓦葺 拝殿:入母屋造瓦葺
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
都賀郡,八大竜王,荒川,小森某
**『下野神社沿革史』(明治36年1903刊)4巻72丁
下都賀郡豊田村大字荒川鎭座
村社 八龍神社
祭神 高龗神 建物本社間口一間半奥行二間半 拝殿二間四方 氏子十三戸・総代員 社掌 本社創建不詳社域六百六十三坪字村中に在り
龍神社

龍神社

[りゅう神社]

小山市・鉢形254

主祭神[高龗神]

旧地名:下都賀郡桑絹村大字鉢形字鷹の巣254
主祭神:高龗神[たかおかみのかみ]
思川と鬼怒川の間,新四号線の東,出井交差点を右折して二本目の細い道を右折。このあたりを鷹ノ巣と言った。
朱塗りの鳥居脇の昭和57年社柱に「龍神社」
境内の広い立派な鉢形鎮守。
奉納額に「八龍神」,拝殿内額に「八大龍王神社」
昭和十五年九月の石燈籠に「村社龍神社氏子」と見える。
「安永九年庚子九月十五日・村中安全子孫繁昌所・奉寄進石燈篭」1780が拝殿左右に。繁は「般+糸」。
拝殿右手の石祠は「電」文字だけ読める。さらに右手に3社が並ぶ。
拝殿左手には覆屋のある境内社。菅原道真の「天幡宮」か。
神地を清めて「千度申す・万度申す」と唱和して廻ると雨が降るとされている。
神社の樹木を盗む者には罰があたるとの伝説あり。
本殿:流造檜皮葺 幣殿:平屋造鉄板葺 拝殿:春日造鉄板葺
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
都賀郡,八竜神,形*,持福院 
(*鉢形の鉢ぬけ)
**『下野神社沿革史』(明治36年1903刊)4巻30丁
下都賀郡桑村仝字(?大字出井?)鉢形鎭座
村社 龍神社
祭神 高靈(龗)神 建物本社間口五尺奥行一間 拝殿間口三間三尺奥行二間 末社二社 氏子二十七戸・総代員 社掌
本社創立不詳社域一千百九十七坪を有し字鷹巣に在り

「八大龍王神」と読める
きちんと祀られている 右が安永九年
拝殿右手のものと対
社柱は「龍神社」 「龍神社」と八なし かろうじて「八龍神」
星宮神社

星宮神社

[ほしのみや神社]

小山市・黒本364

配神:[高龗神]

主祭神:磐裂命,根裂命
配神:高龗神[たかおかみのかみ],大日孁貴命
思川の700m西。
拝殿右手に「琴平山」と「天満宮」を収めた祠。「村内安全献之・右両者ハ文化十三子ノ九月十日新勧請之者也・明治廿五年九月十日・豊岡村大字黒本」と読める。
拝殿左手に明治43年11月4日に神明宮とともに合祀された「八龍神社」ここに高龗神。
「奉納虚空蔵菩薩 宝永三庚戌年三月吉日」1706と推定「天和二壬戌三月十二日」1682石像。
杉にかかる旗に「雷電」の文字が見える。
(『栃木県神社誌』目次に「里本」とあるのはもちろん「黒本」の誤植)
------------------
本殿:大島造銅版葺 拝殿:入母屋造銅版葺
例祭:11月3
八龍神社
琴平山と天満宮
雷電の文字
高椅神社

高椅神社

[たかはし神社]

小山市・高椅702-1

配神:[高龗神]

主祭神:磐鹿六雁命iwakamutsukari,国常立命
配神:高龗命[たかおかみのかみ],木花咲姫命,経津主命,火産霊命,豊受比売命
旧版の配神に「高雷竜命」と印刷してあった。見落としていたが,なるほど,「田」は「口」4つで1つ多いが,まあ似ているか。新版では高龗で載っている。社名の[はし]には「いいぎり」を使っている。
境内に雷電神社,水神社など12社。社名の分かる社は「白幡神社」「鷲宮神社」「上宮神社」「大椙神社」「稲荷神社」「天満宮」「真剣神社」「東照宮」「天建神社」「健田神社」
旧版の45頁に
御祭神 磐鹿六鴈命,国常立命 配祀 木花咲耶姫大神命,高龗命,経津主命,豊受比売命,火産霊神と書かれている。
927年の延喜式神明帳に「下総國結城郡高椅神社」
元禄年間に下野に編入されたため,延喜式神名帳の下野国11社には記録されていない。1800年頃に成立した『鹿沼聞書・下野神名帳』にも記載はない。
楼門は明和七年1770のもの。楼門手前の鳥居には「享保十一丙午年九月吉日」1726の文字。
「文化十五年戊寅九月吉日」1818の石燈籠。
昭和12年の狛犬。
明治5年に郷社,10年に県社。日本武尊が勧請したというから県内最古の社のひとつ。高椅神社と名付けたのが684年というのもすごい。天武天皇の時代だ。
1029頃「日本一社禁鯉の宮」とされ,氏子は鯉を食べない。鯉の絵の器も使わず,鯉のぼりも掲げない。境内地4840坪もすごい。
例祭:10月9日
**『『下野神社沿革史』(明治35年1902刊)5巻23丁
下都賀郡絹村大字高椅字宮内鎭座
懸社 高椅神社
祭神磐鹿六鴈命 配祀二座天萬命天鏡命 本社は天武天皇二年673の創祀にして元下総國結城郡なりしか元禄年間高椅簗福良の緒村を割きて下野國都賀郡に併す故に下総國延喜式内にあり(以下略)

大川島神社

大川島神社

[おおかわじま神社]

小山市・大川島93

配神:[高龗神]

主祭神:大己貴命 配神:高龗神[たかおかみのかみ] 他の配神に伊邪那岐命,伊邪那美命,火産靈命,木花咲耶姫命
大川島のいちごの里の北に500m,巴波川の西200mに鎮座。一大田園地帯。
神社の南を走る道路は実は「日光例幣使街道」である。群馬高崎の倉賀野宿を起点とし,大川島の先を北上して小山宿,壬生宿,鹿沼宿と抜けて現在も残るもうひとつの杉並木の日光西街道・例幣使街道につながる。有名な方の杉並木・日光街道とは今市で合流する。
そうした歴史を背景に,ここの明神鳥居は「元禄四年」1691と320年前の古いものである。詳細は「小山市指定文化財」の看板の写真を。
藤原秀郷の勧請で天慶三年940に小山庄,中泉庄,西御庄の惣社とし,惣大権現といったが,明治元年に大川島神社と改称。
「宝永六年」1709再建の本殿。
手水石はもっと古く,水道施設で見えにくいが「寛文九己酉歳」1669と読める。
------
本殿:権現造石葺 拝殿:入母屋流造瓦葺 例祭:10月18日に近い日曜日
延島神社

延島神社

[のぶしま神社]

小山市・延島2161

配神[高龗神]

旧地名:下都賀郡桑絹村大字延島字三宝谷2161
主祭神:岩裂神,根裂神
配神:高龗神[たかおかみのかみ]・菅原道真公・市杵島姫命・事代主神(新版になし)
延島小のすぐ近く,田川が「コ」の字に流れるところ。三宝谷橋に桑絹村の名残。300m西に吉田用水が流れている。
「延島神社」の社柱。鳥居の左手に「享保六辛丑天」1721「元文三戊午」1738「文化十癸酉」1813「嘉永二己酉」1849などの古い供養塔などがずらり。
石畳の参道を進むと,入口の何かちぐはぐな印象と違って,とても整然とした境内である。拝殿も美しい。
左手に石祠が6社きちんと並んでいる。左手奥に5連の境内社。
本殿背後に広大な田園が広がっている。
拝殿に「正一位星宮大明神」の扁額。拝殿内にも「星宮神社」。その左手に「延島千石囃子保存会」の文字が見える。4月13,14日の神輿渡御で町内を巡る千石囃子が有名。
万治三年1660の9月13日勧請。
-----------
本殿:流造桧皮葺 幣殿:平屋造鉄板葺 拝殿:入母屋造鉄板葺
例祭:11月14日22
八幡宮

八幡宮

[はちまんぐう]

小山市・間々田2330-1

境内社[高龗神社]

主祭神:誉田別命
思川と4号線の間の間々田八幡公園に鎮座。2万坪の森。3900坪を使用。なにしろ広大。
天平729-49頃の創建という古社。
拝殿左手に「八龍神社」,中にユニークな龍が2体。5月5日に町中を練り歩く。
「蛇祭り音頭」の歌詞が掲げられている。5番の八大龍王が高龗神にぴったり。しかしながらこちらはシャガラ龍王らしい。
『栃木県神社誌』新版付録には「境内社:高龗神社」と記録されているが,どれにあたるのか不明である。
拝殿右手の社には雷電,愛宕,淡島神社が合祀されている。こちらに元は八大龍王神社の名で祀られていた。5月5日に盛大に蛇祭りが挙行されている。
---------------------------------------------
本殿:権現造杮葺 拝殿:権現造瓦葺  例祭:9月15日
右が八龍神社
二匹目 合祀社が祀られている社殿 1行消されている
広大な境内

 

 神社目次 
 ページトップ