龍神社

[りゅう神社]

藤岡町大前1171

 主祭神[玉依姫命]

旧地名:下都賀郡大字大前1171
祭神=玉依姫命
[たつじんじゃ]と呼んでいる。『栃木県神社誌』旧版では社名を「竜神社」
境内社に稲荷神社(倉稲魂命) 二荒山神社(大己貴命,事代主命,少彦名命)
東武日光線に平行する栃木藤岡線11号沿いに昭和九年の「村社八龍神社」社柱。
まず右手に5基の石塔が並ぶ。「元文五天庚申十二月吉祥日 青面金剛」1740「萬延元庚申九月 庚申塔」1860などが読める。その右手奥に拝殿の朱色,屋根の緑青色,本殿を収める社殿の白壁が見える。
瓦葺きの境内社が右手に3社。堂々たる構えである。
左手には石造りの天満宮の祠2基。瓦葺きの境内社1基。
手入れも行き届いており,この日は日曜日で氏子の方4名が落ち葉を焚きながら清掃をなさっていた。
境内左手,東側端に文化二乙丑1805年の明神鳥居。
旗杭は大正五年。狛犬は寛政九正月建1797年。
-------------------ここは高龗神とは無関係。
本殿入母屋造造銅版葺例祭=4月3日 11月24日新嘗祭
* 『下野神社沿革誌』明治三十六年1903 4巻52丁
下都賀郡赤麻村大字大前鎭座 村社龍神社 祭神 玉依比咩命 建物本社二間半四面 拝殿間口參間奥行二間 廊下間口二間奥行九尺 末社二社 氏子百八十八戸 本社創建不詳 字宮の原に在りて社域一千七十八坪を有す
星宮神社

星宮神社

[ほしのみや神社]

栃木県栃木市藤岡町大前3374

旧地名:下都賀郡藤岡町大字大前
祭神:天津彦火瓊瓊杵命
永承年間1504-21の創立という。一の鳥居は神明造り,二の鳥居は明神造り。
昭和63年1988の記念碑に星宮神社屋根改修・大杉大神神輿新造とある。
赤麻出身の横綱栃木山守也の碑がある。
* 『下野神社沿革誌』明治三十六年1903 4巻52丁
下都賀郡赤麻村大字大前鎭座 村社星宮神社 祭神 天津彦火瓊々杵命 建物本社二間四方 拝殿間口四間奥行四間 廊下間口九尺奥行二間 末社一社 氏子百八十九戸 本社創立不詳 社域二千二百四坪を有し字宮原に在り
 

 

 神社目次へ 
 ページトップ