星宮神社

[ほしのみや神社]

栃木県栃木市藤田町207

旧地名:下都賀郡・大宮村大字藤田
大宮南小学校の北東の田園地帯に鎮座。南方の宮田町と西方の仲仕上町にも星宮神社がある。
祭神:磐裂神,根裂神 配神:軻遇突智命、菅原道真公、豊宇気比賣命
由緒沿革:明治三十五年1902十二月十四日字木の宮無格社愛宕神社、字天神無格社天満宮、字稲荷無格社稲荷神社と合併許可された。
昭和三十年十一月吉日・藤田町氏子奉納の旗杭。
○○○軍馬霊神の石碑

*『下野神社沿革誌』巻四-19丁(明治三十五年1902)
下都賀郡大宮村大字藤田鎭座 村社星宮神社 祭神磐裂神根裂神
建物本社八尺四方 氏子二十一戸 本社創立詳ならす社域五十五坪を有し字星の宮に在り

参考: 下都賀郡大宮村大字宮田鎭座 村社星宮神社 祭神磐裂命根裂命
建物本社間口九尺奥行二間 拝殿間口二間半奥行二間 末社一社 氏子二十二戸 本社は明應三年1494九月の創建にして仝郡太平山神社を移遷して勧請すと云ふ社域三百二十坪字星の宮に在り 下都賀郡大宮村大字上仲仕上鎭座 村社星宮神社 祭神経津主命磐裂命根裂命
建物本社間口四尺奥行五尺五寸 拝殿間口二間奥行三間半 末社二社 氏子三十五戸 本社創建詳かならす社域百五十坪にして字北浦に在り
馬霊神
 

 

 神社目次へ 
 ページトップ