青森県の高龗神社・闇龗神社・龗神社
判明しているのは8社。2009年10月9,10日に現地調査を行いました。
高龗神社 五所川原市 大字長富字竹崎19 闇龗神社 五所川原市 大字神山字鶉野34番1号
闇龗神社 五所川原市 大字漆川字浅井48番 闇龗神社 北津軽郡 板柳町 大字飯田字村元29番1
闇龗神社 北津軽郡 鶴田町 大字沖字岡田295番 闇龗神社 平川市 石郷 村元72-3
闇龗神社 つがる市 稲垣町 穂積桜田1番 龗神社 八戸市 内丸2丁目

高龗神社

[たかお神社]

五所川原市・長富字竹崎19

使用文字[靇]

祭神:高龗神,闇龗神,倉稲魂命
339号線で五所川原の中心部より北方へ10キロ。二ノ沢溜池の手前右手に鎮座。
一の鳥居の額の位置に猿がかかっている。これは始めて見た。
左手には仏教の石碑。「大日天王・大月天王・南無妙法蓮華経。天下泰平国土安穏・萬民快楽五穀豊饒」「維時昭和十五年旧二月十四日・長富村甲子講中・外村中一同」と読める。 隣りには大正元年他の庚申塔。
石製の二の鳥居は修復されている。地震の影響かも知れない。
朱塗りの拝殿には口3つ付きの正字で「奉納高龗神社」の木札。額文字は「雨+罒+龍」。 青森では始めて見る高龗神社である。他には闇龗神社5社,龗神社1社。
狐に似た狛犬と獅子の狛犬。
右手に境内社5社,左手に鳥居が2基,1基は交通安全の碑に付いている。
昭和八年の神馬の隣りのもう1基は鍵前をかけた建物に付けられている。詳細不明。
長富有志による昭和九年旧十月十七日の六手観音。
1800年代初頭の創建。
明治六年に嘉瀬八幡宮に合祀される。明治八年に独立し,九年に村社となる。
例祭:8月21日

闇龗神社

[くらおかみ神社]

五所川原市・神山字鵜野34-1

使用文字[龗靇罒]

祭神:闇龗神くらおかみのかみ
五所川原市中央部の南東5キロ,水を湛えた長橋溜池のすぐ西に鎮座。
基調色に青をつかったおしゃれな社。 大正十四年七月建立社柱の見事な書が目に付く。正字である。古松の配置も見事。
一の鳥居は石製両部鳥居,二の鳥居も朱塗りの両部鳥居,さらに朱塗りが2基つづいて拝殿。
拝殿内の正面の額文字は変形口3つ付き。奉納されている白布の垂れ幕文字は「雨+罒+龍」と口3つ省略の2種類。消防署からの感謝状は口省略。
トタン葺替修復工事,平成六年の五色旗・雨戸奉納,屋根・欄干・鳥居ペンキ塗装などの棟札に代わる板書の文字も口が省かれている。
しかし,2008年の鬼奉納の板書はきちんと口3つ付きの正字で書かれているので,当分安心である。
拝殿左手奥に大正八年七月建立の社柱が残されており,こちらは「雨+罒+龍」,「社」字に特徴があり,つくりが縦に「水田」になっている。石郷と同じ。
境内左手の朱塗り2基は境内社の十和田神社の鳥居。こちらにも石灯籠と狛犬が奉納されている。
境内左手前には文化十四丁丑1817百万遍,大黒天神2基ほか文字の読めない石塔があつめて整備されている。
明暦二年1656創建,元は観音堂であったが,明治六年に闇龗神社に改称し松倉神社に合祀される。明治八年に独立し,明治17年5月に松野木観音林から現在地へ遷座。
例祭:7月17日

闇龗神社

[くらおかみ神社]

五所川原市・漆川字浅井48

使用文字[靇]

祭神:闇龗神くらおかみのかみ
津軽鉄道五所川原駅のつぎの十川駅東南。
すぐ近くの平成2年3月竣工の「新漆橋」橋桁には四隅に龍の着色彫刻が設置されている。この造形はかなりユニーク。
一の鳥居左手の明治三十九年七月十七日建立の社柱は「口なし雨龍」
二の鳥居右手の木製祠のひとつに石製の龍頭が祀られている。
2009年10月9日現在,拝殿は改修工事中であった。
「昭和?三年六月 大正六己午の狛犬。大正十一年の石灯籠 。
明暦1655頃の創建。寛文二年1662に再建している。明治6年4月に飛龍宮から闇龗神社に改称した。
例祭:8月6日

 

 神社目次へ 
 ページトップ