茨城県の龍神社・八龍神社:確認できる茨城県の「龍神社・八龍神社」は9社。

八龍神社

久慈郡大子町川山470

常陸大子から矢祭に向かう118号線沿い,茨交県北バスJA宮川支所前に鎮座。
すぐ東に久慈川がゆったりと蛇行している。
茅の輪を備え,石段と石垣が見事。 平成16年の「御由緒記」には,久安三年1147創建とある。とても古い。
御祭神が 高龗神(たかおかみ) 闇龗神(くらおかみ) と明記してある。口みっつ付の正字。ふりがなから推測すると「たかお神」「くらお神」と栃木県風に呼んでいるらしい。
鳥居左手に明治三十二年十一月の「古峯神社」石塔。
鳥居右手に明治二十X年の「成田山」石塔。世話人を筆頭に細字でびっしりと名前が刻んである。
正しい読み方
八龍神社額 拝殿内
八龍神社の文字
雷神社 古峯神社 元文二年1737と寛保三年1743
大日如来 写真中央に鎮座

 

龍神社

筑西市下郷谷36

平成15年の鳥居額には「龍神社」,小ぶりな社の木組みの後ろに田園が広がる。
享保二十乙卯1735と寛政三辛1791の十九夜念佛供養石塔など4体が残されている。
龍神社鳥居額
光?明神咒供養塔 寛政三年1791 享保二十年1735

 

八龍神社

笠間市押辺715(岩間)

土師から南に下った岩間にある。鳥居額の文字は八龍神宮に見える。
社柱と拝殿額は「八龍神社」
享保?九年歳1724の石塔。樹齢360年のイチョウがそびえる。
鳥居額 拝殿額
六角龜腹
貞享二年1685

 

八龍神社

鉾田市 当間464

三段積みの石塔に「鎮守 八龍神社」,拝殿内部の額も「八龍神社」
石燈籠は昭和十四年1939。
手水石に「當間村」の文字。
すぐ前に「親鸞聖人遺蹟・二十四輩第三番・無量壽寺」の石塔と不動明王まお堂がある。文久二年1862などの石像が保存されている。
鳥居額 拝殿額
六角龜腹
貞享二年1685

 

八龍神社

坂東市生子632

とても立派な神社。一の鳥居額には「正一位八龍神」,拝殿額は「八龍神社」
拝殿左手の旧拝殿らしい建築の額文字も「八龍神社」,この内部にも「八龍神社」の額が二枚。
明和六己丑1769の不動尊。萬延元庚申年1860の庚申塔
正一位八龍神 二の鳥居
旧拝殿に八龍神社額
奉納額 左:明和六年1769・右:万延元年1860
手水石の龍

 

龍神社

神栖市居切1615(掘割)

昭和32年の改築碑に「龍神社」と刻んである。
文政十丁亥1827の石塔。天保十五辰年1844の手水石。
右手に境内社 左手の境内社
文政十年1827 改築碑に龍神社 天保十五年1844手水石

 

八龍神社

神栖市下幡木

水戸方面からは水郷有料道路で鰐川を渡り1キロ走って東側。
石製鳥居にさらに木製鳥居が6基。1基は建て替えとすれば5基かもしれない。
鉄製灯籠が2基,常夜燈が1基。瓦葺の覆屋の扉には幕が張られていて本殿は見えない。
木製鳥居は一番上の横木(笠木)が皮を剥いだだけの未加工の丸木が使われている。柱は垂直ではないが,形式は鹿島鳥居。近くの賀にある八龍神社にも木製鳥居が5基並んでいる。
鳥居が並ぶ
鎮座の杜

 

青龍神社

神栖市筒井1168

祭神:龗神<>

下木幡の八龍神社の南約600メートル。筒井極楽寺霊園の向かいの小道を入る。
しばらく行くと昭和三十六年八月吉日建立の石製鳥居。
平成五年十月三日の「青龍神社建立之碑」に,祭神は龗神,安永六年四月十五日御遷宮,天保十三年八月弐拾八日御遷宮とある。
おかみ字は口なし雨+龍。
参道途中
青龍神社建立之碑

 

八龍神社

神栖市賀1841

水郷有料道路の西側,近くに白十字総合病院。300メートル西に鰐川。河川敷の野原の印象。
神栖町教育委員会の看板があり,創立は元禄元年1688四月。 祭神は大海渡神[おおわたとのかみ]。
亀腹,台石つきの石製鳥居のほかに5基の木製鳥居。
木製鳥居は一番上の横木(笠木)が皮を剥いだだけの未加工の丸木が使われている。柱は垂直ではないが,形式は鹿島鳥居。2キロ北の下木幡にある八龍神社にも木製鳥居が5基並んでいる。
本殿は銅板葺,朱塗の,小ぶりながら美しい造形。屋根付の板塀で囲まれている。
木製鳥居5基

 

 神社目次へ 
 ページトップ