高尾神社

[たかお神社]

芳賀町・給部315 きゅうぶ

使用文字[尾]

主祭神:高龗神

宇都宮向田線。
芳賀町教育委員会の立てた案内看板には
「祭神は,高龗神(タカオカミノ神)で,闇龗神(クラオカミノ神)と共に龍神であって,雨を司る農業守護の神・・・給部は往時,隣村高根沢柏崎と一村であったが,後世になって分離されたもので下野神名帳*には高尾大明神(柏崎,別当宝蔵院)と載っています。建久年間1190-199柏崎村の鎮守として山城国貴布禰神社の遷しなる高尾神社を勧請したもので,今に給部の産土神として崇敬されている。本殿は・・・数百年以前の作」
(*『下野神名帳』が『鹿沼聞書』のことであるなら,小生が調べた限り,給部ならびに柏崎の高尾神社は掲載されていない。「箒根神社・塩屋郡柏崎・宝蔵院」は記載があるのだが。直前掲載の高尾神社は不明の地名である「原窪・法林寺」)
看板のおかみ字は「雨+罒+龍」。ルビは芳賀町教育委員会のつけたもので,正しい読みになっている。
本殿は宇都宮清厳寺にあった明暦時代1655-58の稲荷神社社殿を,天明七年1787に移築したものである。
『栃木県神社誌』昭和39年2月11日発行には「給部は往時隣村柏崎と同村なりしが故ありて,分離せるものにして建久年中,中柏崎村の鎮守にして山城の国貴布根神社の遷なる高五陵神社は,隣村大字柏崎に接する県道丘上にあり西宮と称し大黒天を祭る」という謎のような由緒が掲載されており,勧請されたのは「高五陵神社」で,県道側の丘の上にあったが,西宮と呼んで大黒天を祀っていたのがこの神社で,のちに名前を変えて高尾神社になったと読んでいいのか。高五陵神社はまったく分からない。京都の貴船といえば「高龗神」のメッカなので「五陵」は「龗」の誤植かも知れない。五は崩し字で雨に見えたかも知れない。尾なら間違わなかっただろう。高龗から高尾に社号が変わっていった社と思われる。

入り口の鳥居から両側を杉に囲まれた参道を登る。東の畑地帯とその先の高根沢の山を上から眺めることになる。
拝殿の額は文久元年1861「給部鎮守・高尾大明神」とある。維新の神仏分離で高尾神社で登録したが,神道指令で国家統制から自由になって文久の額を復活させたのだろう。昭和13年に拝殿を改築している。龍の彫刻が見事。
手水石の昭和十三年以外の文字は見つからない。
境内社に大物主神の琴平神社,倉稲魂神の稲荷神社
本殿:神明造銅葺 幣殿:亜鉛葺 拝殿:神明造亜鉛葺 例祭:11月3日
*『下野神社沿革史』6巻39丁(明治36年1903刊)
芳賀郡南高根澤村大字給部字西の入鎭座
村社 高尾神社
祭神 高龗神 建物本社間口二尺四方 拝殿間口九尺奥行二間 瑞垣延長四間 華表一基 氏子戸・総代員 社掌
本社創立不詳社域五百十坪を有し字西の入の淸洒の地に在り
文久元年1861
高尾
後方の山に中柏崎の高尾神社 ここを登る 石燈籠が見えてきた
まだ上る 鳥居脇の由緒書 正しいルビ

 

 神社目次へ 
 ページトップ