高龗神社

[たかお神社]

高根沢町・大谷1074 おおや

使用文字[龗]

主祭神:多加淤加美

旧地名:塩谷郡高根沢町大字大谷1074
主祭神:多加於加美加美[たかおかみのかみ]神も『古事記』ふう表記である。
配神:大山祇神,別雷神,八千矛加美
境内社:稲荷神社(倉稲魂命),大杉神社(素戔嗚命),神明宮(天照皇大神)
宝積寺から氏家に向かって北上し,菅又病院を越えてすぐ,畑の右手奥に神社の森が見える。
入口に口3つ付きでくっきりと「村社高龗神社」の社柱。
高根沢町教育委員会の建てた「有形文化財・大谷高龗神社本殿」文字も正字。
拝殿額も正字。神社案内の立て看板も正字で統一され,きちんとしている。とても気持ちがいい。
シチュエーションも抜群で,雪をかぶった男体山がくっきりと見える。さらに,森の上をトンビが1羽,サギが2羽悠然と飛び,3羽の白サギが杉のてっぺんに休んでいる。
参道入口と鳥居の間の2か所に旗杭。
概要に「五行川のほとりに治水の神を祀った大谷の鎮守で1000年余りの歴史を持つ」
祭神に「多加於加美尊」と古事記の記法で書かれ,「たかおかみのみこと」とルビが振られている。
略史に「天延年間(973〜6年)下野右門正が五行川大岩に龍神を祀ったのが起源」とある。慶長五年1600,神主藤原秀綱の奉納文「當社鎮守高龗大明神宗源之事」によるという。400年以上前の文献。江戸初期にすでに高龗大明神で,江戸後期に[タカオカミ大明神]と呼ばれていたことが分かる。*『鹿沼聞書』は高於加美大明神,『下野掌覧』では高龗大明神と龗字で記録されている。維新の神仏分離で高龗神社に改号した。
由緒沿革には「"*天延十一"年九月,下野右衛門正及び隼人,采女三家の勧請により,松林原の南,五行川大岩に神祠を奉斎」とある。
『栃木県神社誌』旧版は"天延十一"だが新版では天延年間973-76に訂正された。
創建説が混乱しているが,天延頃に五行川に水神を祀っていたが,600年ほど後の永正十一年1514の大旱魃のときに三家力を合わせ貴船の神を勧請して祈雨の儀式を行ったところたちまち甘雨あり,感謝して九月に社殿を建て高龗大明神と称したことが実際の創建。『下野神社沿革史』の「天延十一」を「永正十一」に訂正すれば良いわけだ。
慶長二年に工事を開始し同五年1600社殿再建。明治24年拝殿再建。
境内社は明治42年の合祀によるもので,稲荷は2社ある。
1713年の神祇管領長より拝領の正一位高龗神幣帛が宝物として残っているという。
向拝の18世紀の龍(虹梁),神前にある翼のある飛龍の彫像を看板の写真で見ることができる。
*『鹿沼聞書・下野神名帳』1800年頃
塩谷郡,正一位高於加美大明神,大谷,阿久津伊勢
*『下野掌覧』万延元年1860刊
鹽谷郡之部 正一位高龗大明神 大谷村鎮座 祭主阿久津氏ナリ
*『下野神社沿革史』7巻21丁(明治36年1903刊)
鹽谷郡阿久津村大字大谷鎭座 村社 高龗神社
祭神 多加於加美 祭日陰曆九月十九日 建物本社間口一間奥行同銅葺総朱塗 雨覆間口四間奥行四間 拝殿間口三間奥行二間半 石燈籠二基 木鳥居一基 神號銅製扁額一面 末社四社 氏子六十六戸・総代三員 社掌阿久津伊勢松同村大字同五六番地住
本社創建は*天延十一年九月にて
(*天延は4年までしかないので誤記,永正11に引きずられたか)下野右門正及ひ隼人采女三家の勸請にして明治五年1872第五大區三小區鄕社に定めらる 后明治十年1877八月行政區畫改正に付村社となる
社傳に曰く本村は天延年間973-76下野右門正と云ふ人日光大谷川の邊りより此土に來りて始めて居宅を構ひ大谷川の名稱を取りて大谷村と號すと 后文明年間1469~1487下總の國より隼人と云へる者來り住し長禄年間1457~60播州より采女と云者又來住して土地の開墾に従事し田畑を開き耕耘しつゝ漸々三家の子孫繁殖し右門正の一族村の首長となり隼人采女の子孫七家に蕃息せり
后永正十一年1514の夏大旱魃にて百榖將に枯死せんとす時に三家八門を始め村内の人民深く憂ひ嘆きて山城國愛宕郡貴布禰大神を招祭し鄕民等假に祭屋を設けて七日七夜忌み籠りて祈雨せしに忽然として黑雲勃興し甘雨沛然として降りけれは百榖草木を潤し斯鄕に限り豊熟を得る これ全く貴布禰神社の靈驗なることを感喜し卿民相議り同年九月宮殿を創建して高龗神と尊稱し永く本村の鎭守神となす
慶長三年1598社殿の再建あり 同十七年霖雨の際祈晴 又寛永三年1626の大旱にも祈雨の靈驗ありて大神の神聴を蒙らさるはなし 茲により下野右門正(代々右門正を以通稱とす)二十七代の孫宮下明王院と號し本社の別當職となす 后阿久津和泉守の男左馬介を養子となし神職を相續せしむ 故に宮下を改めて阿久津と稱して代々本社に奉仕せしむ 社域七百三十三坪田甫中にありて后には五行の淸流滾々として三方には枝川を回らし本社南に向へ馬塲の入口には注連掛と稱する古杉相對し馬塲(長さ五十間)には石を敷き並へ境内には古杉老樹蓊欝として繁茂し遠望するも霞然として丘山の如く眞に奇景と云ふべし

口みっつ付 口みっつ付
口みっつ付
白鷺

 

 神社目次へ 
 ページトップ