高尾神社

[たかお神社]

宇都宮市・下横田町336

使用文字[尾]

主祭神:高龗神

上三川のすぐ西,御田長島の東。宇都宮南高校の南に位置する。ジョイフルホンダの南西の田んぼの中にたつ。鳥居額は「高尾神社」。
左手に境内社が4社ならんでいて,最大の社の右奥に半分埋もれた石に「高尾神社」と刻まれている。
記録で分かる境内社に稲荷神社(宇賀魂命<倉稲魂命)がある。
『宇都宮市六十周年誌』には,さらに祭神として国之常立尊と火産霊命を加え,明治四十三年1910に高龗神・横田神社・御嶽神を合祀と記されている。
入口右手に大谷石の残骸が積んである。近年整備されて鳥居などが新築されたようだ。建造年は刻まれていない。拝殿は平成2年の改築。
鳥居右手に「青面金剛塔 宝暦四甲戌」1754。
昭和11年の手水石。この他には拝殿内にも文字はない。
水田に囲まれた気持ちのいいところ。水田はすぐ西を流れる田川から水を引いている。
本殿:流造銅板葺 拝殿:流造銅板葺 例祭:11月17日
(ここはsembeさんに教えていただきました。感謝)
*『下野神社沿革史』(明治36年1903刊)5巻40丁
河内郡雀宮村大字下横田鎭座 村社 高尾神社
祭神 高龗神 建物本社間口二尺奥行二尺 拝殿間口三間奥行三間三尺 末社一社 社掌
本社創勸請月不詳社域百六十七坪平衍の地に在りて氏子三十六戸を有せり
大谷石が積まれている
青面金剛
縦に「高尾神社」
水田に囲まれている

 

 神社目次へ 
 ページトップ