龍神社

[りゅう神社]

大平町・西山田3251

主祭神[高龗神]

大平町西山田3251(下都賀郡大平町大字西山田3251)
主祭神:高龗神
大平町の歴史民族資料館と岩舟石の資料館の間,「ぶどうの里」の西はずれに鎮座。
弘仁810-24頃の創立。
『栃木県神社誌』新版では祭神の漢字を雨口なしで「高龍命」としている。旧版でも「高竜命」である。 ルビは[たかおのみこと]なので*沿革誌に記録されている「高龗神」である。
社名について鮮やかな朱色の鳥居の額と拝殿内の昭和60年改修寄付金芳名額は「八龍神社」,栃木県神社庁からの昭和51年感謝状には「龍神社氏子一同殿」と異なっている。
本殿の左右に配神。左手には「龍神社神璽」が読める。右手は「天照皇大神」,境内左手に「富士嶽神社」
拝殿内板絵は大正元年,右は不明だが,どちらも高龗神に祈願している様子。
「三十三夜大願成就 明治二十六年九月吉日」
境内右手に古そうな石塔が5基並んでいる。「奉庚申供養 宝永五戊子天」1708が読める。
以前は両部鳥居だったという。
本殿:流造木羽葺
例祭:11月第3日曜
**『『下野神社沿革史』(明治36年1903刊)4巻61丁
下都賀郡富山村大字西山田字宮脇鎭座
村社 龍神社
祭神 高龗神 建物本社間口三尺一寸奥行五尺一寸 拝殿間口六間奥行三間四尺 末社五社 氏子三十八戸・総代員 社掌
本社創立不詳社域五百二十五坪字白岩に在り
龍神社 天照皇大神
富士嶽神社

 

 神社目次へ 
 ページトップ