八龍神社

[はちりゅう神社]

那珂川町・矢又3211

主祭神[高龗神,闇龗神]

旧地名:那須郡馬頭町大字矢又
主祭神:高龗神[たかおかみのかみ],闇龗神[くらおかみのかみ]
宇都宮方面からは「道の駅ばとう」を過ぎ,馬頭高校を左に見て矢又川沿いに走り,232号線と二股に分かれる前1キロを左に脇郷川沿いに大内方面に入る。ほどなく右手に鳥居が見える。
実はもっと奧だと思って見過ごしたのだが,地元の方お二人に親切に教えていただき,見つけることができた。
この鳥居は「皇大神宮」になっている。鳥居をくぐって山道を登る。[おぎなやま]とにごる方もいるという翁山である。 山道は4月27日現在,枯れ葉に埋もれ,杉や竹が倒れているうえに,かなり急で難儀する。思ったより上に登るので息が切れる。 ほぼ頂上付近に社を見つけて二休み。
正面に2社並んでいる。右手は明治x年の「奉遷宮皇大神宮祠殿再建」の棟札が見えるので「皇大神宮」。創建は嘉永六癸丑1853なので,八龍の後からこの地に祀られたことになる。
左手はずっと古そうだ。『栃木県神社誌』のモノクロ写真とどうやら同じなので,こちらが「元慶二戊戌878九月勧請の「八龍神社」。
岡下の地から弘化三年1846,9月19日に高嶺翁山に遷座再建」,八龍さんと呼ばれ,水霊神として奉斎されている。
まさに高龗神,闇龗神の最強コンビを祀るにふさわしい山あり谷ありの地に,神社の初期形態のような風格のある社殿である。
明治十一年八月十一日の手水石。
------------------
本殿:流造トタン葺 例祭:9月19日
翁山 皇大神宮鳥居 左は社務所
左が八龍神社 本殿 流造トタン葺
皇大神宮 ユニークな造形 背後から
社殿の後ろに かなり急 山道
途中から見下ろす 入口の目印 入口

 

 神社目次へ 
 ページトップ