温泉神社

[おんせん神社]

大田原市・中野内1942

配神[高龗神]

旧地名:那須郡黒羽町大字中野内
祭神:大己貴命・少彦名命・大国魂命
配神:渟名城入姫命ぬなきのいりびめのみこと・高日子根命・大山祇命・別雷命・木花開耶姫命・倉稲魂命・素盞嗚命・高龗命・伊弉冊命・迦具槌命<軻遇突智命・火霊命<火産霊命・大日孁命<大日孁貴命
境内社:天満宮・厳島神社(狭依毘売命)
12配神の一が高龗命[たかおかみのみこと]
配神12は大正四年1915に近隣の社を合祀したことによる。
入口の看板に「那須郡惣社・那須与一勧請社」とある。巨大神社。旧社格郷社。
道路沿いにまず一の鳥居。最初の石段を登りきると,狛犬,二の鳥居。三の鳥居が朱色。四の鳥居をくぐると右手に樹齢500年の温泉神社のスギ巨木。これはすごい。
最後の石段を登りきると左右に「天保二辛卯九月吉祥日」1831御神燈。
昭和2年の狛犬。拝殿左手に神楽殿。
孝謙天皇の天平年間729~749に大己貴命,少彦名命,市磯長尾市いちしのながをち命を黒羽町大輪の高尾森に勧請。高尾は[たかおかみ]に関係する。
大同二年807に高尾森に神地を賜る。
大治二年1127に高尾森の東方に須藤権守貞信が社殿を造営して遷宮,那須家が崇敬した。
江戸期に入った寛文八年1668八月に黒羽藩主大関信濃守増栄が檀山大宮の現在地に新築して遷宮,那須湯本温泉神社を本宮として高尾温泉明神と称することになる。
『下野神社沿革誌』記載の寳物は承和十年843や貞観十一年869など県内ではなかなかお目にかかれない年号が記されている。また久寿二年1155殺生石九尾狐退治伝説を刻んだ鏡も当社の宝物である。下記の『下野国誌』には1頁を割いて琵琶の図が描かれている。「同社什寶那須餘一資隆奉納琵琶之圖 長一尺五寸二分横幅八寸八分」,琵琶に書かれている文字は消えて読めないところもあり次のように写されている。「高尾温泉社寶我先君所遺受▢▢▢一奉納ス 祈武運名誉 資隆 元暦▢▢歳七月日」
那須与一勧請というキャッチフレーズはこの琵琶あたりからアイディアをもらったか。那須与一は嘉応元年1169那珂川の神田城の生れ。貞信より少し後の壇ノ浦扇的一矢の有名人。与一の時代には「高尾温泉社」と称した。
以上のことから那須与一より400年以上前にはすでに創建されていた古社である。
『下野国誌』に記載のある神主小泉甲斐とあるのは鮎の画家でもある小泉斐Ayaru,享和元年1801に甲斐守に任ぜられているので甲を省いて斐を雅号とした。益子町や矢板市に「絹本着色鮎図」が残る。
本殿:神明造銅版葺,幣殿:トタン葺,拝殿:宮造トタン葺
例祭:4月第二日曜日 9月10日に「風雨順和祭」が行われた。
*『下野国誌』嘉永元年1848脱稿 嘉永三年1850刊行 四巻
高尾温泉明神 那須郡両郷と云所にあり,神主小泉甲斐と云,社領五十石領主黒羽候より寄附なり,祭神はもと高龗タカオガミ谷於賀美クラオ ガ ミ命なるを,那須家在城の刻同郡の温泉神社を勸請して,城中の守護神と鎮め祀りしなり,黒羽城より鬼門にあたりて一里許なり,温泉神社ハ大名持神と少彦名神と二柱なること上の温泉神社の条に記したり,さて高龗を高尾神と書て假字カナたがへり,高龗ハタカオガミにて高尾ハタカヲなり,さるを當國の内,那須,河内の両郡にハ,高龗を祀れる所數多ありて,何れも皆高尾明神と書誤まれり,是ハもと,山城國の貴布祢キブネ明神をうつせしものなり
*『下野神社沿革誌』明治三十六年1903刊 巻八-50丁
両郷村大字中野内鎭座 郷社温泉神社 祭神大己貴命/少彦名命/名城入姫命/大國魂命/八十萬神/高日子根命 祭日陰暦三月十日/七月十日/八月十二日
建物本社間口二軒半奥行一丈栃葺 拜殿間口五間三尺奥行二間萱葺 神樂殿間口二間奥行二間杉皮葺 末社三社 木鳥居一基嘉永元年1848二月大關信濃守従五位下丹治増徳營造 石燈籠二基寛文九年1669九月十九日大關従五位下丹治増榮奉納 寳物 古鏡一面貞観十一年869淸和天皇の納賜なりと傳ふ裏面に下野國那須郡溫泉大神命永尾市修云々 古鏡一面久壽二年1155須藤權守貞信奉納 鋤牛一個承和十年843十二月大領外従五位勲七等大部益歸奉納 琴琵琶元暦元年1184二月廿九日那須太郎資隆奉納 鎧一領大關候奉納 大鉾一本寛政九年1797九月卜部朝臣良連奉納 矢筒幷に矢四本建久四年1193源頼朝奉納 勅宣正一位扁額一面寛政九年1797七月十日正三位侍従卜部朝臣良連眞筆 神號扁額二面大關従五位下丹治増陽仝増式奉納 氏子五十五戸總代廿四員 社司池澤喜悦郎仝村大字久野又二十八番地住 社有財產山林四反四畝十八歩
社傳に曰く本社創立詳ならすと雖も再築は大治二年1127八月にして須藤權守貞信の造營なり 承和十年843十二月晦日下野國那須大領外従五位勲七等大部益歸本社に奉る書に大國主命を祭り山澤原野を開き農を勸め田端町二千段を增し戸口數人三千餘工作播種歳豐なり云々 須藤權守貞信奉納せる鏡の裏面に鋳刻したる文に曰く野州那須原野に野狐有り人民を害す 那須の主貞信奏聞有て三浦介義純上總介廣常權守貞信勅命を蒙り久壽二年1155甲戌三月七日那須野を取圍數日狩すと雖も野狐更に手に入る事無く因て那須本社溫泉神の廣前に祈願有時に貞信夢に告有て那須の麓に於て射果す 是全く温泉神の加護力なり 依て宮中悉く造營し寳物等を奉ると云々 后寛政九年1797七月十日を以て敕宣正一位を授けらる 其文に曰く湯泉社右可正一位中務靈泉治病古祠經年惠及四海名遠九天其加尊爵庸致恭敬可依前件主者施工 二品中務卿織仁親王宣正四位下行中務少輔臣丹波朝臣頼理奉従四位上行中務少輔臣藤原朝臣仍孝行此の如く勅宣を授けられしは畏しと申すも中々愚なり 其他種々の事績社寶等ありたれとも明治十二年1879五月廿一日祝融の災に罹り灰燼に歸す 社域二千三十九坪高燥の地にして古杉老樹亭々として天に聳ひ蓊蔚として其幽邃淸雅は郡内一の勝たる名地なり
大宮とある
下野那須郡総社
巨杉
大きな社殿
下野那須郡総社 神楽殿と境内社
手水石

 

 神社目次へ 
 ページトップ