温泉神社

[おんせん神社]

那須町・寺子乙739

配神:[闇龗神]

那須郡那須町大字寺子乙739
主祭神=大己貴命 配神=闇龗命[くらおかみのみこと],倉稲魂命
黒磯の北東,那須チサンゴルフ場の北,田中小学校の手前。地図には「田中神社」で載っているので注意。
拝殿額は「温泉神社」である。ちょうど鳥居前で田植えをされている方にも寺子乙の温泉神社であることを確認した。
鳥居前の田の脇に「明治八年八月八日・田中小学校発祥の地・創立百周年記念・結社一同建之・昭和四十九年十一月十日」の石碑が建てられている。末広がりの八八八に鍋掛村日新館田中分校として創立,昭和16年には那須村田中国民学校,22年には那須村立田中小学校,29年の町村合併で那須町立田中小学校となる。
昭和49年1975に創立百周年を記念して沿革と歴代校長の名前を刻んだ石碑を建てている。現在はここから北西に400mのところに移転している。
旧田中小学校は温泉神社の西隣りに建てられた。校庭跡地は公園・公民館になっており,かなり太い桜が数本残されている。校門の左手からも竹やぶを抜けて神社に行ける。
田の方から入ると大正六年三月の鳥居。
その先左手に「神社合祀記念碑・大正三年五月二十九日遷宮・大正六年三月建設」
時庭温泉神社,落合温泉神社,前?久保温泉神社,上川温泉神社,後嶋橋温泉神社,下川温泉神社などが読める。
神社沿革の記述によれば,大正二年6月21日に合併を願い出て大正三年5月29日に,那須村大字寺子道上にあった温泉神社を合祀した際に,その境内社であった「八龍神社」も合祀している。このとき祭神の「闇龗神」が寺子乙の温泉神社にやってくる。
このとき同時に,寺子字時庭,屋敷廻,スガイ沢,大字高久字榛木沢の温泉神社を合祀している。碑文より1社少ない。これらの主祭神はすべて大己貴命。
スガイ沢から倉稲魂命の稲荷神社,屋敷廻から大日孁貴の神明宮が境内社のまま移ってくる。
延宝六年1678創立。
-------------------------
本殿:神明造トタン葺 幣殿:トタン葺 拝殿:トタン葺 例祭10月5日
右手は竹やぶ 合祀記念碑
拝殿額
旧校庭側から 旧校庭 田中小の歴史を刻んだ碑
かなり太い桜 写真の中心が入口 田中小発祥の地碑

 

 神社目次へ 
 ページトップ