三嶋神社

[みしま神社]

下野市・小金井2292

青龍神社祭神[高龗神]

旧地名:下都賀郡国分寺町大字小金井字宝賀谷
主祭神:市杵島姫命 配神:国常立命・伊弉諾命・伊弉冊命 境内社:天満宮・稲荷・星宮神社・青龍神社(高龗神)
境内社の「青龍神社」祭神が高龗神[たかおかみのかみ]
東に田川,西に姿川が流れる。自治医大前を通る四号線を西に入ってすぐの広大な森に鎮座。
右手に石祠が6社ずらりと並ぶ。年号はない。どれが「高龗神」の青龍神社か判別しない。
関根井村の鎮守。正応三年1290創建と古い。
1654に縄入検地が行われ,天保十三1842には二宮尊徳が村を訪れ開拓事業成功を祈願している。明治五年一村一社の制度で合祀されそうになったが,氏子の嘆願で独立を保つ。
----------------------------------------------------
本殿:流造亜鉛葺 幣殿:切妻造亜鉛葺 拝殿:寄棟造亜鉛葺
例祭:3月15日 11月15日
*『下野神社沿革誌』巻4-29丁(明治三十六年1903)
下都賀郡國分寺村大字小金井鎭座 村社 三島神社 祭神 市杵嶋姫命
建物本社一尺四方 雨覆間口五尺奥行六尺 末社四社 氏子四十戸
本社創建年月不祥 社域五千百九十坪字を有し字寶賀谷に在り

 

 神社目次へ 
 ページトップ