愛宕神社

[あたご神社]

栃木市・大塚町1122

配神[高龗神]

主祭神:軻遇突智神
配神:天照皇大神,応神天皇,高龗神[たかおかみのかみ](『栃木県神社誌』旧版で高雷竜と植字されている神さま),素戔嗚尊,磐裂神
壬生駅と新栃木駅の間の野州大塚駅の北の田園地帯に鎮座。
大正4年の合社記念碑に「昔ヨリ大塚村内ニ在リシ神社ヲ統一シ・・・宿區八坂神社 中區愛宕神社,星宮神社,八龍神社 上區八幡神社 癸生區神明神社,浅間神社ヲ星ノ宮神社千百二十二番地星之宮神社ヘ合併ノ上村社愛宕神社トナシ」とあるうちの「八龍神社」の祭神が高龗神である。合祀されたのは大正4年。
拝殿右手に愛染稲荷。その右手の大きい社殿は八坂神社。明治廿七年の石塔。
由緒沿革によれば永禄八年1565創立。1160坪と広大。春秋の祭典には小松流・平砥流の五段囃子が奉納される。
本殿:流造板葺 拝殿:流造瓦葺 例祭:4月29日

 

 神社目次へ 
 ページトップ